横浜市港北区菊名徒歩5分の完全無痛整体。あなたの肩こりや首こり、首が痛い・重苦しい痛み、腰痛等がまったく痛くない施術で根本的に楽になります。

駅からのアクセスお車でのアクセス

ストレートバックで背中も胸も硬い、呼吸も浅い

ストレートバックの原因は、背骨の上下にある頭と仙骨のコリゆがみが背骨を引っ張るためです。

電話:080-5312-9332:毎日9時~21時受付│ご予約お問合せメールフォーム:PC携帯スマホ対応:24時間受付

 

ストレートバックは、症状のない隠れた「時限爆弾」ゆがみ。

肺や心臓等内臓に負担をかけ、あなたの身体を少しずつ蝕みます。

 

ストレートバックは姿勢が良い?

 

ストレートバックと呼ばれる背中があります。

直訳すると真直ぐな背中。

背中は線ではなく面なので「真っ平らな背中」=フラットバックの方がより適当ですが。

 

表現はともかく、背中が平らな方はここ数年増えています。

ただ真直ぐなだけならいいのですが、実はなかなか厄介な状態です。

 

背中にはみなさんご存じの背骨があります。

首と同じく、本来ゆるやかなカーブを描いています。

 

ということは、ストレートバックの背中では、背骨も真直ぐになっています。

背骨がゆがんでいるわけです。

 

『背骨がゆがむって言われても・・・背筋も伸びて姿勢も良くなっていいじゃない』とお思いですか?

 

背中がまっすぐになると、内臓がゆがみます

 

背骨には、脳から出ている自律神経が通っています。

背骨から体内のいろんな場所に伸び、全身の運動や感覚の調整を行っています。

 

背骨のゆがみは、背骨の神経を圧迫します。

圧迫された神経はうまく働かなくなり、様々な不調を引き起こすのです。

 

具体的には、内臓の調子が悪くなります。

実は、背骨から内臓を管理する神経や血管が出ていて、各内臓につながっているんです。

 

ある背骨がゆがめば、背骨から出ている神経や血管がうまく働かなくなる。

つまり、脳からの指令や栄養が内臓に十分届かなくなるわけです。

 

背骨と内臓の対応は、実に様々な説があります。

細かい点はプロにまかせるとして、おおまかには「内臓は、同じ高さにある背骨と対応している」と考えればいいです。

 

となると、ストレートバックの方は、どの内臓が不調になるでしょうか?

 

「主に」肺や心臓ですね。

 

ストレートバックの方は、胸の痛みや動悸息切れを訴えるという報告があります。

 

横浜市港北区整体ストレートバック

以前お見えになったお客様(30代男性)は、背中が凹んでいました。

手足を触るとかなり冷たい。

 

腰痛でお見えになったのですが『大学生の時に心筋梗塞を起こして、心臓が通常の半分しか動いていないそうです』と。

 

結局、そのお客様は1回の施術で腰痛が軽くなったので、次回の予約は取られませんでした。

 

腰のゆがみはかなり落ち着きましたが、背骨のゆがみはほとんど変化しませんでした。

背骨のゆがみは長年の蓄積なので、1回の施術でストレートバックを解消するのはなかなか難しい話です。

 

また、ストレートバックの背中の方は、呼吸が浅い人が多い。

背中が真直ぐになるだけでなく、硬くなって胸も硬くなるからです。

 

ろっ骨と背骨の構造をちょっとご説明しますね。

ろっ骨は身体の後ろで背骨につながり、、身体の前で胸骨とつながっています

(一部胸骨につながっていないろっ骨もあります)

 

背骨が硬くなればろっ骨も硬くなり、胸も硬くなるというわけです。

 

呼吸が浅いことは、自動車で言えばオイルが古くなったり、不足したエンジンのようなもの。

呼吸が浅ければ、全身が慢性的に酸素不足になります。

酸素不足の身体は、うまく働かないことはおわかりでしょう。

 

いわゆる不定愁訴の「なんとなくシャッキリしない・だるい」のお身体になるわけです。

「なんとなくシャッキリしない・重だるい」のは、強い症状ではないので「こんなものか」と見過ごされてしまう。

 

もちろん、ストレートバックの方は、心臓や肺以外に不調が出ることもあります。

背骨がゆがんで圧迫される神経は、胸だけではないからです。

ストレートネックの背骨は、全体が引っ張られますからね。

 

でも、背骨の硬さを開放して、本来の柔らかさを取り戻せたなら?

呼吸がしやすくなるとともに内臓も活性化されて、あなたの活力は今以上に高まることでしょう。

 

ストレートバックになる原因

 

本来ゆるやかに曲がっている背骨が、なぜ真直ぐになるのか?

背骨が上と下から引っ張られているからです。

 

背骨の上には首や頭がつながっていて、下には仙骨や骨盤とつながっている。

背骨の上と下にある骨格のゆがみが、背骨を引っ張るのです。

 

ストレートバックの方は、ほとんどの場合首の骨も真直ぐになっています。

そして、頭や仙骨、骨盤周りにコリやゆがみがある方が多い。

背骨の上下にコリやゆがみが生じているんです。

 

コリやゆがみは身体を引っ張ります。

あなたの背骨もまっすぐになっているかも、知れませんね。

 

仙骨のコリやゆがみは、骨盤やお腹のゆがみやコリから生じている場合もあります。

手や足の指のコリから引っ張られていた、お客様もいらっしゃいました。

慎重に身体を読み取り、背骨がどこから引っ張られているかを見極める必要があるのです。

 

ストレートバックを改善する施術

 

ストレートバックを改善する施術は、背骨の硬さや詰まりを取ることになります。

具体的には、お客様に横向きかうつ伏せに寝てもらいます。

 

施術者は、お客様の背中を見るように、後ろに位置します。

うつ伏せの場合は、お客様の右側か左側へ。

 

横浜市港北区整体ストレートバック背中

指先で、背骨にごく軽く触れてください。

上でも下でも構いませんが、私は背骨の一番上から触れるようにしています。

 

背骨の1つ1つに指先で触れ、硬さやゆがみを調べます。

次に、硬さや詰まりのある背骨に負担をかけている場所を見つけ出します。

 

背骨に負担をかけている場所は、背骨や仙骨、坐骨が多いです。

腕やひざの場合もあります。

 

とにかく、背骨に負担をかけている場所を見つけ出したら、そこに指先を置きます。

硬さや詰まりのある背骨にも指先を置いて、しばらくそのまま、です。

 

しばらくすると、背骨の硬さやゆがみが落ち着いてきます。

背骨をごく軽く押して、硬さや詰まりがなくなっていればおしまいです。

 

覚えておいてほしい点は、背骨だけをゆるめるればいい、のではないということ。

 

背骨はただ孤独に硬く詰まっているわけではないのです。

他の場所とのバランスが崩れた結果、背骨が硬くなっているわけなので。

 

背骨の硬さや詰まりがなくなったら、次は背骨に負担をかけている場所を整えてください。

ここのゆがみが残っていると、背骨はまた硬く詰まるので。

 

ストレートバックの背骨を整えるには時間が必要です

 

こうして説明すると、1回でストレートバックが治るように感じられるかもしれません。

実際は、個人差はありますが回数はかかります。

 

背骨のゆがみは、身体の長年のゆがみの集大成。

別の表現をすれば、身体に影響が大きい場所なので、1度に変化させると心身に負担がかかるもの。

 

じっくり腰を据えて、あなたの身体を芯から整えるつもりで施術を受けられることを、お勧めいたします。

 

メニュー・料金

駅からの道のり

院長プロフィール

よくあるご質問

ご予約前に必ずお読み下さい:整体の前後のお願い

ご予約状況

ご予約お問合せ

完全無痛整体の部位別施術例

トップページ

関連記事