横浜市港北区菊名徒歩5分の完全無痛整体。あなたの肩こりや首こり、首が痛い・重苦しい痛み、腰痛等がまったく痛くない施術で根本的に楽になります。

駅からのアクセスお車でのアクセス

腓骨が下がる

腰痛やひざ痛、骨盤のゆがみやそけい部、股関節の違和感・・・。腓骨下がってますよ。

電話:080-5312-9332:毎日9時~21時受付│ご予約お問合せメールフォーム:PC携帯スマホ対応:24時間受付

 

腰痛やひざ痛、O脚など下半身のゆがみの原因は、すねの外側にある骨ー腓骨のゆがみ。

腓骨を元に戻す施術法をご紹介いたします。

 

下半身のゆがみの原因ー腓骨(ひこつ)

 

腓骨はひざ下と足首の間、外側(小指側)に、すねの骨の外側に張り付くようにあります。

 

下半身にゆがみやひずみがある場合、必ずと言っていいほどこの骨は下がっています。

腰痛やひざ痛はもちろん、骨盤のゆがみやそけい部の違和感痛みなどがある場合も下がっています。

 

この骨を上げて元の位置に戻さない限り、下半身のゆがみはなくなりません。

下半身を整えるカギになる骨でもあります。

 

横浜市港北区妙蓮寺整体下半身のゆがみの大本、ひ骨のゆがみ腓骨が下がると足首にある距骨(きょこつ)を親指側に押し出し、足首がずれます。

また、腓骨が下がるとひざが外側に引っ張られ、O脚へ。

 

O脚になると、太ももの外側にある腸脛靭帯が引っ張られて硬くなり、影響は骨盤に及びます。

つまり、腰痛の原因となるのです。

 

腓骨が下がると、こんなにも影響があるんです。

ですから、整体の際はこの骨のずれやゆがみの有無を確認して、調整する必要があります。

 

腓骨が下がる話ばかりしてきましたが、下がると同時に外側に開くことも多いんです。

 

かつて、太めの脚を指して「大根足」と呼んでいました。(みんな知らないカナ)

「大根足」は、腓骨が広がってふくらはぎが太くなった人もいるでしょう。

 

この場合、ふくらはぎのと外側に痛みを感じることがあります。

腓骨が広がり、足を内側から押し出した結果、痛みが出るわけです。

もちろん「大根足」になっていなくても、痛みは出ますが・・・。

 

腓骨が下がっているかどうか、慣れれば見た目でわかります。

見てわからない場合、足首近くの腓骨の端ー外くるぶしの先を指先で軽く押さえる。

痛みがあれば、腓骨は下がっていることになります。

 

腓骨を元に戻す確実な方法

 

それでは、腓骨を元に戻す施術をお伝えします。

 

同響法では、腓骨を上げる足と同じ側の手の小指外側、第一関節から第二関節に向かって指先でこする。

次に、第二関節の外側から内側にこする。

上記2つの操作を連続して行ってください。

 

指先でこすった後は、十数秒動かないで静かにしていること。

一度の施術で動かない場合は、同じ操作を繰り返してください。

 

微圧法では、外くるぶしー腓骨頭に指をかけて引き上げ、ひざ斜め下近くの腓骨頭に指を当て斜め上に押さえる。

ひざ斜め下の腓骨頭は、ひざ斜め下にある丸いでっぱり。

ひざ斜め下をていねいに探ってみてください。

 

腓骨は下がるとともに、外側に開く傾向があるので斜め上=上げる+閉じるを同時に行なっているんです。

軽い力で約90秒程度、じっくり行ってください。

 

上記の施術をする前に、足裏をゆるめるとより効果的です。

腓骨は足裏の靭帯が縮んで引っ張られ、下がることがあるからです。

 

足裏をゆるめるのは、足裏に手のひらを包むように当て、そのまま数十秒。

小指第一関節の手のひら側を、指先で軽くつまんで数十秒でも同じです。

 

ひざ痛や腰痛、O脚でお悩みのあなた、腓骨下がっているかもしれませんよ?

腓骨を元に戻すことを検討なさることを、おすすめいたします。

 

メニュー・料金

駅からの道のり

院長プロフィール

よくあるご質問

ご予約前に必ずお読み下さい:整体の前後のお願い

ご予約状況

ご予約お問合せ

完全無痛整体の部位別施術例

トップページ

関連記事