横浜市港北区菊名徒歩5分の完全無痛整体。あなたの肩こりや首こり、首が痛い・重苦しい痛み、腰痛等がまったく痛くない施術で根本的に楽になります。

駅からのアクセスお車でのアクセス

親指にふれないで外反母趾を治す方法

外反母趾を根本的に整えるには、全身バランスを整えて重心を元に戻す事が大切です。

電話:080-5312-9332:毎日9時~21時受付│ご予約お問合せメールフォーム:PC携帯スマホ対応:24時間受付

 

外反母趾は靴の問題ではなく、全身のゆがみによる重心のずれの結果です。

親指に触れずに外反母趾の痛みを解消した施術例と合わせて、お読みください。

 

外反母趾になる理由は、重心のずれです

 

外反母趾(がいはんぼし)は、一般的には見落とされているような気がします。

いや、正直に申し上げれば「あきらめ」かもしれませんね。

 

例えば、仁龍堂を訪れるお客様の中にも、外反母趾になっておられる方は少なくありません。

親指を見れば一目瞭然ですからね。

 

そんなお客様に「親指は痛くありませんか?」と伺うと、よくこんなお答えが返ってきます。

 

『痛いですけど、どうせ治らないし・・・』

 

『靴の問題ですから、変わりませんしねえ』

 

ヒールやパンプスは、確かに足指に負担をかけ、外反母趾の原因の1つにはなります。

ですが、靴の負担が必ずしも外反母趾の絶対条件ではありません。

もしそうなら、ヒールやパンプスを履くすべての女性が外反母趾になるはずです。

 

横浜市港北区妙蓮寺整体外反母趾は全身のゆがみ外反母趾について説明する前に、一つお伝えしたいことがあります。

 

「隠れ外反母趾」ってご存知ですか?

 

足の裏を見ればすぐわかります。

 

裸足になって、足の裏を見てください。

親指と人差し指の間が、手にできたマメのように皮膚が硬くなっていますか?

もしそうなら、あなたは「隠れ外反母趾」です。

 

外反母趾の症状はないけど、骨格的には外反母趾状態です。

 

このままだと、いつか親指付け根が重苦しく痛むー外反母趾の症状が出るでしょう。

 

では、なぜ親指と人差し指の間が硬くなるのでしょうか。

 

重心移動が、親指の上ではなく親指と人差し指の間を通過しているからです。

その結果、親指が外側に押し出されてしまい、外反母趾状態になってしまうわけです。

 

私たちは歩くとき、足はどのように動くでしょうか?

一般的には、最初にかかとを床につけて、足の裏全体をつけ、最後につま先を床に残して足を床から持ち上げます。

この動作の時、かかとからつま先に向かって重心が移動しています。

 

重心移動が足の裏をどのように動くかは諸説ありますが、かかとから親指の上を通過してつま先に抜けるパターンが多い。

つまり、親指のつけ根で床を蹴って歩みを進めていることになります。

 

ところが。

何らかの原因で、重心が親指の上でなく親指と人差し指の間を通るようになると、外反母趾が生じてくるわけです。

 

では、外反母趾になる根本的な原因は何でしょうか?

私は、重心のずれではないか、と考えています。

 

外反母趾になっておられる方の多くは、身体の重心が少し外側にずれている事が多い。

重心が外側にずれることで、最終的に足を踏む時の位置がずれ、親指が押し出されるのではないか、と。

 

ですので、お客様の重心を中心に戻す施術を行うことになります。

具体的にはひざや足首、股関節、骨盤などの下半身を整えることになります。

 

当然ですが、上半身の影響もあるのでこちらも同様に整える。

上半身は腕の動きに影響を受けるので、腕はもちろんひじや鎖骨、わき腹など。

胸鎖関節や胸骨、肋骨のゆがみも整えておきたいものです。

 

また、頭のコリがあれば速やかに取り去る必要があります。

頭のコリは、全身に負担をかけてしまうからです。

 

それでは、外反母趾の施術例をご紹介いたしましょう。

 

親指にふれずに外反母趾の痛みがなくなった施術例

 

『外反母趾で親指が痛くて、靴をはいていなくてもジンジン痛みます』

 

整体予約のメールフォームに書かれていた文章です。

 

お話を伺うと、元々肩こりがひどく『職場の同僚と一緒に、駅前のマッサージに行っています』

 

社会人になってから、腰とともに親指のつけ根が痛くなってきた。

見る見るうちに親指の先が内側に倒れ、つけ根が腫れるように飛び出てきた。

 

親指の痛みとともに、腰も重苦しい痛みが1日中続くように。

お母様も外反母趾らしく「社会人になるとみんなそうなるのよ」とおっしゃったそうですが・・・。

 

横浜市港北区妙蓮寺整体外反母趾は全身のゆがみを整える身体を調べると、ひざと腰、肩に何かありそうです。

腰を整えるのは当然ですが、腰はひざや肩から負担をかけられているかも。

 

ひざは腰とともに股関節や仙骨、足首周辺から負担をかけられていました。

身体の一部が複数の場所から負担をかけられると、コリや硬さがコピーされる事があります。

その場合、身体にコリや硬さがどんどん増えてゆくので、整えるのに手間暇がかかることが多いです。

 

ひざを足首、足指と対応させて整えます。

股関節と腰を対応させ、仙骨と足指、ひざを対応させて整えます。

 

お客様の骨盤のゆがみを整えると、下半身全体が落ち着いてきました。

でも、まだ十分ではありません。

 

再度、骨盤周辺の流れを読むと、かすかに上から流れが出ています。

腰・・・肩甲骨・・・腕・・・どうやら頭から負担をかけられていますね。

 

骨盤の中央にある仙骨は、腰や背骨を通じて頭とつながっています。

頭にあるコリや詰まりが、仙骨に負担をかけて骨盤をゆがめ、下半身のゆがみをもたらすことはよくあることです。

 

お客様の頭、後頭部に手を当てて、頭にある硬さや詰まりを探ります。

こめかみ付近や頭頂部右側にあった、硬く詰まっている場所をほどきました。

 

すると、骨盤とともに背中全体がゆるみ、全身が落ち着いてきました。

これで一安心でしょう。

 

「肩や腰の調子はいかがですか?」

 

『はい、痛みはなくなりました。軽く感じますね』

 

「では、親指の痛みはありますか?」

 

お客様は恐る恐る、親指を指でつまんで動かしました。

次に、親指を床に着けて前後にひねって・・・。

 

『痛くなくなりました・・・親指には全然触っていないのに、どうして・・・?』

 

お客様は、びっくりするような、半信半疑のような表情でこちらを見上げるのでした。

 

頭のコリは全身、特に骨盤周辺に負担をかけることが多いものです。

外反母趾の方の多くは、頭のコリをほどく必要があると考えています。

 

とにかく。

外反母趾は、全身のゆがみが足元に集まった結果、と言えます。

たんねんに身体を調べ、ていねいにゆがみを整えることが、根本治療への唯一の道なのです。

 

頭のコリについては、こちらの記事を参考にしてください。

 

メニュー・料金

駅からの道のり

院長プロフィール

よくあるご質問

ご予約前に必ずお読み下さい:整体の前後のお願い

ご予約状況

ご予約お問合せ

完全無痛整体の部位別施術例

トップページ

関連記事