横浜市港北区菊名徒歩5分の完全無痛整体。あなたの肩こりや首こり、首が痛い・重苦しい痛み、腰痛等がまったく痛くない施術で根本的に楽になります。

駅からのアクセスお車でのアクセス

太もも裏がジンジンしびれる・突っ張るのが整体で楽に

太もも裏のしびれ突っ張りは、指のゆがみが原因でした。

電話:080-5312-9332:毎日9時~21時受付│ご予約お問合せメールフォーム:PC携帯スマホ対応:24時間受付

 

長年苦しんできた、太もも裏が突っ張る・ビリビリしびれる根本原因は、足指のゆがみでした。

指を整える施術法とあわせて、お読み下さい。

 

気になって仕方ない、原因不明のビリビリしびれ

◆太もも裏が突っ張る・ビリビリしびれる。

◆長時間立っていたり、歩いているとビリビリしびれが強くなる。

 

しつこいしびれが続くのは、何ともイヤなものですね。

 

太もも裏に生じる突っ張りやしびれは、病院では坐骨神経痛と診断されるでしょう。

確かに、坐骨神経痛と診断された方の多くは、骨盤や仙骨がゆがんでいました。

骨盤や仙骨がゆがんで、坐骨付近に負担をかけるんですね。

 

ただし。

骨盤や仙骨がゆがんでいるからといって、骨盤や仙骨だけをアレコレいじっても、なかなか改善しません。

一時的に太もも裏のツッパリやしびれは軽くなっても、しばらくするとまた元通り。

骨盤や仙骨に限りませんが、身体がゆがむのは「ある理由」があります。

 

「ある理由」とは、身体に生じた一部のゆがみが、他の場所をゆがめること。

身体にある一部のゆがみが、他の場所に痛みやコリ、張りの症状を出している、とも言えます。

「ゆがんでいる場所をゆがませている場所」があるんですね。

 

つまり。

「ゆがませている場所」を整えない限り、痛みやコリ・張り等不快な症状は、根本的には整わないのです。

そして、そのゆがませている場所は、思わぬところだったりします。

 

指のゆがみが全身に負担をかける理由

さて今回は、指のゆがみについてご説明します。

指のゆがみを説明している整体師の先生は、なかなかいらっしゃらないようです。

もっとも、私も「指のゆがみはバカにならない」と初めて聞いた時は、半信半疑でしたけどネ。

それでも、なかなか整わない腰痛が、指のゆがみを整えてスッキリ解消してからは、疑うことはなくなりましたが。

 

身体の先端にあるゆがみは、中心に不具合をもたらすことが多いものです。

それは、経絡(けいらく)治療を行う鍼灸師の先生ならおわかりでしょう。

 

指がゆがむと、指に流れる気の流れが悪くなる。

その結果、身体に不具合が生じるんです。

 

身体には、経絡(けいらく)と呼ばれる気の流れがあります。

その流れのいくつかは、指先を流れています。

ですから、指がゆがめば気の流れがゆがみ、身体がゆがむわけです。

 

指にはツボもありますから、指がゆがめばツボの働きも悪くなります。

ツボにはそれぞれ、実に様々な作用ー内蔵や精神面へのーがあります。

つまり、指がゆがめば身体がゆがむだけでなく、内蔵や精神面の不調も生じることになります。

 

155177568_org.v1404625918

 

私はお客様の身体を精密に調べ、指に反応の出ている方が少なくないと、気づいていました。

その後、経絡治療を学び、指のゆがみと経絡の関係を知りました。

指を整えると身体が整うのは、経絡に影響を与えた結果と言っても過言ではないでしょう。

指を調整すると、時にビックリするような、摩訶不思議な効果が出ます。

 

指がゆがんでしまう原因は、いくつかあります。

代表的なものは、突き指と幅の狭い靴です。

突き指は手の指、幅の狭い靴は足の指をゆがめます。

 

突き指といえば、バスケットボールとバレーボール。

どちらのスポーツも、突き指はつきものですネ。

 

私は新規のお客様にいろんな質問をしますが、過去のスポーツ歴も確認します。

スポーツは身体に負担をかけますが、スポーツの種目により、身体に負担がかかる場所は異なりますから。

いろんな負担がありますが、お客様にバレーボールやバスケットボールの経験があれば、頭に「指のゆがみ確認」と覚えておきます。

 

『指は全部、何度も突き指しましたよ』

 

バレーボールやバスケットボールの経験がある方の多くは、みなさんそうおっしゃいます。

その一方『高校3年間バスケやりましたけど、突き指は一度もしませんでした』とおっしゃる方もいて・・・実際はいろいろですが。

 

幅狭の靴は女性の靴に多い、というかほとんどすべてそうですね。

スニーカー等幅広の靴もありますが、某有名メーカーのスニーカーでわざわざ幅狭に加工されたものがあります・・・。

 

幅の狭い靴をはくと、特に小指や親指が押されてゆがみます。

小指重心の方は小指に身体の重みがかかるので、さらにゆがむわけです。

女性は男性より(足の)指がゆがみやすい、と言えるでしょう。

 

経絡と身体のゆがみうんぬん、と難しく考える必要はありません。

とにかく、ある場所のゆがみが、他の場所に負担をかけるんです。

その結果、他の場所にゆがみが生じ、コリや張り、痛みが生じるんです。

 

身体はつながっていますからね。

 

場所が離れているとか近いとかは、関係ありません。

前述したように、指を整えて腰が整うわけですから。

身体に潜む、ゆがみやコリがある場所を整えることのみが、あなたの身体を根本的に整えます。

 

ゆがんだ指を整えるための検査と調製法

それでは、指の整え方をご紹介します。

私が指を整える場合、ゆがんだ箇所の反応をとらえ、ピンポイントで整えます。

でもこの方法は、少し慣れや訓練が必要です。

ここでは、初心者でも出来るやり方をお教えします。

 

まずは、指の検査。

「これは」と思う指を選びます。

手指でも足指でも構いません。

指の関節付近をごく軽くつまみ、左右にねじります。

痛みや硬さ等違和感があれば「その指は整える必要がある」と、とりあえず判断します。

 

次に、指の調整です。

先ほど違和感の出た、指の関節をもう一度つまみます。

「ごく軽く」指を左右にねじり、動きやすい方を決めます。

動きやすい方向へ、指の関節を「ごく軽く」ねじります。

時間は30秒から1分程度で十分です。

 

ここでの「ごく軽く」は、およそ1~2ミリ程度。

ねじる強さは、関節の皮膚をずらす程度です。

つまり、指の関節を動かさない程度、ということ。

慣れてくれば、関節をねじる時の微妙な角度も自然と分かるようになります。

 

最初の検査のように指関節をねじり、違和感がなくなればおしまいです。

 

敏感な方なら、指を整えている時に身体の変化を訴えることがあります。

『かかとがジンジンしてきた』とか『肩がゆるんできました』とか。

こんな時は、心の中で「よしよし」と手応えを感じます。

この反応は、身体を整うプロセスに乗っているサインなんです。

 

あ、変化を実感出来ることと、整体の効果は関係ありません。

変化を感じられなくても、十分効果は出ているので、安心して下さいね。

 

それでは、足指を整えて太もも裏のしびれがなくなった方の施術例をご紹介いたします。

 

足中指のゆがみが、太ももビリビリの根本原因だった

今回ご紹介するW様は、東京都杉並区にお住まいの40代女性。

明るい色のショートボブが、日焼けした顔にお似合いです。

趣味はガーデニングだそうで、日焼けはそのせいでしょうか。

 

ご家族は、ご主人と社会人1年生の息子さんとの3人家族。

W様は、某セレクトショップで販売を担当されています。

 

『数年前から主任を任されて、後輩の指導もするようになって。

もちろん現場もありますし、なかなか忙しくて』

 

そうおっしゃるW様の、右太もも裏がしびれるようになったのは、数年前からだそうです。

 

『最初は右のお尻がしびれる感じでした。

そのうちお尻のしびれはなくなって、太もも裏がしびれてきたんです』

 

病院で坐骨神経痛と診断されましたが、温熱療法のみで症状は全く変化なし。

病院の他、整骨院や鍼灸に通いましたが、太もも裏のしびれはひどくなる一方。

 

『仕事中は立ちっぱなしで、しびれがだんだんツラくなって、立っていられなくって・・・。

最近は倉庫で在庫管理をするふりをして、座ることもあります』

 

いったいどうしたらいいか・・・不安げな表情でうつむくW様でした。

 

『少し前までは、もうこのしびれは治らないんだって思っていました。

このまま、だましだまし付き合っていくしかないんだ、ってあきらめかけていました』

 

『でも・・・』視線を少し下に落とした後、再び顔を上げたW様はこうおっしゃいました。

『子どもの手も離れましたし、まだまだやりたいことがあって。そのためにも元気でいなきゃ、って』

 

W様は日焼けした顔を曇らせながら、よろしくお願いします、とペコリと頭を下げられました。

 

52b03

 

お客様の思いを胸に抱えながら、いつも通りにまずは身体を調べます。

骨盤の右側がゆがんでいるのと、右ひざが外側にねじれているのを発見。

 

骨盤を整えていると、仙骨のゆがみが浮かび上がってきました。

うつ伏せになってもらって、仙骨を整えます。

 

『先生、右足の力が抜けて伸びるような感じがしてきました』

 

骨盤と仙骨のゆがみが、右足をゆがめていたんですね。

よしよし、この調子で整えてゆきましょう。

 

「今、太もも裏のしびれはどんな感じですか?」右ひざのねじれを整えて、W様に聞いてみます。

 

『あ、ああ・・・最初より軽くなっています』W様は、右足をモジモジ動かしながら答えました。

 

下半身はかなり落ち着いてきたようです。

上半身のゆがみはどうかな・・・。

 

上半身を調べると、右手首と右ひじがゆがんでいます。

 

「昔、右手首やひじを痛めたことないですか?」

『・・・覚えていませんが、子どもの頃お転婆だったからアチコチけがをしていました』

 

右手首と右ひじは、右肩と対応していました。

右肩と手首、ひじを整えると、W様の全身の力がフワーっと抜けるのを感じました。

 

「今、身体の力が抜けた感じ、しませんか?」

『ええ・・・背中がベッドにめり込む感じで、脱力した感じがします』

W様は目を閉じてウットリ気持ちよさそうです。

 

「太もも裏のしびれ、どうですか?」

『さっきよりも軽くなりました、太ももには触っていないのに不思議ですねえ』

 

ふむ・・・まだ少し残っているか。

まだ整い切れていない部分があるな、さてそれは・・・。

 

もう一度慎重に身体を調べると、右足首付近に何かありそうです。

外くるぶしが内くるぶしに比べ、大きく出っ張っています。

すねの骨にゆがみがあると、足首がゆがみくるぶしの大きさに差が出ます。

すねを整えて足首を整えると、外くるぶしが小さくなりました。

 

まだあるかな・・・あ、ここは?

足指にゆがみがありました。

特に中指が硬い。

左右にひねっても全然動きません。

 

中指の特に硬い場所を指先でつまみ、反対の手で対応している場所を探します。

中指の硬い部分は、かかとと対応していました。

かかとを整えて中指を整えると、W様がこうおっしゃったのです。

 

『あ、あ~先生、太もも裏がビリビリしてきました』

 

W様は眼をギュっと閉じて、眉間にしわが寄っています。

「Wさん、大丈夫ですか?大丈夫ならビリビリがなくなるまで少しそのままでいてください」

『ハイ、痛みはないです大丈夫です・・・』W様は眼を閉じたまま、しばらく動きません。

 

数分後。

『先生、ビリビリがなくなってきました』

「そうですか・・・右足の感じはどうですか?」

『しびれ、ほとんどなくなりました・・・』W様は天井を見つめながら、つぶやきました。

 

中指を調べると、軟らかさを取り戻しました。

左右にねじると、自由に軽く動きます。

 

最後に全身を調べ、微調整をしておしまいです。

 

kodaihasu2

 

「Wさん、ゆっくり上半身を起こしてベッドから降りてください」

『ふう~、全身が軽くなったような気がします。あんなに軽いタッチで全身が変化するんですね』

「右太もものしびれ、今どうです?ちょっと足踏みしてください」

 

W様は両足の感覚を確かめるように、しばらく足踏みをしていました。

そして・・・

 

『しびれ、ほとんどないです・・・え~ウソみたい・・・』

 

W様は少しおびえたような表情をして、私を見上げるのでした。

 

その後、W様の右太もものしびれが、ぶり返さなくなるまで、数か月かかりました。

長年のゆがみから生じた症状が、身体のあちこちに隠されていたんです。

 

身体はプラモデルではありません。

アンパンマンの顔でもありません(笑)。

交換できませんし、接着剤で張り付ければ整うものでもありません。

身体が本格的に落ち着くためには、ある程度期間が必要なんですね。

 

W様は現在、月に1回のメンテナンスに通われています。

太もものしびれは、今でも軽く生じることがあるそうです。

 

『しびれが軽く生じても、教わったセルフケアをやって早めに寝れば翌朝はスッキリです』

白い歯を見せてアハハと笑いながら、W様はそうおっしゃいました。

 

W様は現在、身体が落ち着いてからテニスを再開されました。

クラブのお仲間と、週末テニスを満喫しているご様子です。

そんな報告を聞くと、整体師になってよかった、としみじみ思うものです。

 

ご予約状況

ご予約お問合せ

 

メニュー・料金

駅からの道のり

院長プロフィール

よくあるご質問

ご予約前に必ずお読み下さい:整体の前後のお願い

完全無痛整体の部位別施術例

トップページ

関連記事