横浜市港北区菊名徒歩5分の完全無痛整体。あなたの肩こりや首こり、首が痛い・重苦しい痛み、腰痛等がまったく痛くない施術で根本的に楽になります。

駅からのアクセスお車でのアクセス

足首は基礎

足首は人体に様々な影響を与える基礎。身体の不調の改善は、足首の調整が重要です。

電話:080-5312-9332:毎日9時~21時受付│ご予約お問合せメールフォーム:PC携帯スマホ対応:24時間受付

 

足首は、最も重要な骨格の1つです。

足首のゆがみがどのように身体に影響を与えるか?

修正方法とともにお読み下さい。

 

足首に影響を与える2つの前提と、全身の関係

 

建物で一番重要な箇所は?と尋ねられたら、多くの人が「基礎/土台」と答えるでしょう。

では、私たち人間で重要な箇所は?

 

「脳」

 

YES、そのとおり・・・。

 

では、骨格から選ぶとしたら?

 

答えは「足首」です。

足首は、全身に強い影響を与える場所なんです。

 

根本的な整体治療を行う上で、足首の調整は欠かすことができません。

 

足首がどうして重要なのか?は、人類に以下の前提があるからです。

 

地球上で進化したこと。

二歩足で立ったこと。

 

つまり、重力と二本足歩行です。

 

横浜市港北区整体足首のゆがみは全身にゆがみをもたらします私たちの身体は、重力がかかる地球上で、二本足で歩く前提で構築されています。

足首は、立つ姿勢や歩く動作に重要な場所。

足首の動きや角度、ゆがみやひずみなど、その影響は全身に及ぶのです。

 

ところが、現代生活は足首には優しいとは言えません。

現代人のほとんどが、舗装道路の上を、靴を履いて歩いている。

 

平らな舗装道路の上を、靴をはいて歩くことは、足首にどんな影響を与えているか?

それは、足首に一定の角度で一定の刺激しか加わらないことを意味します。

 

足首に、一定の角度で一定の刺激のみ加わると、誰にでもある歩きの癖が強調されてしまう。

その癖はゆがみやずれを生み出し、全身に伝わります。

 

昔のように、舗装されていない土の道路を歩くなら、表面がでこぼこなので足首がいろんな角度になる。

足首を柔らかく使わざるを得ず、様々な角度からの刺激が入る。

その結果、歩行の癖が分散され、ゆがみやずれも分散することになるのです。

 

また、靴の課題についても触れなければなりません。

整体院は女性のお客様が多いのですが、皆さん足の形がだいたい同じです。

 

親指と小指が内側に入り込み、中指を頂点とした三角形の形。

足指が反って、指のつけ根が硬い。

 

これは、パンプス等かかとが高く、足先が三角形のようにせばまっている靴の影響、いや負担です。

足指や足甲に、コリやゆがみが多く見られます。

 

上記のコリやゆがみはやはり足首、特にかかとにゆがみをもたらします。

出来るだけ足に負担の少ない靴を、お選びいただきたいものです。

 

次に、足首に優しい靴・靴の履き方をご紹介します。

 

靴は、かかと及び足首周辺はぴったりと包まれているのがよろしい。

一方、足の中心部分から先にかけて、特に足指は靴のどこにもふれず「ゆるゆる」な状態が望ましい。

 

つまり、足首付近を締めることができる、靴ひもがある靴が望ましいです。

 

かかとは、高くないほうがいいですね。

かかとが高い靴をはくと、真っ直ぐ立つために、ふくらはぎが常に縮んでいることになります。

 

すると、血行も悪くなるしすね外側の骨も下がるし、身体にいいことは少ないです(あるのかな?)

某女子タレントは、26センチヒールをはいているそうですが・・・想像もつきません。

 

おそらく、足指のつけ根に体重がかかって、足指に深い詰まりやゆがみがあるでしょう。

腰も反りますから、足指が腰に負担をかけると腰痛になるでしょうね。

 

足首のゆがみ修正方法

 

足首の修正方法の前に、足首に直接影響を与えている骨を紹介します。

ひざから下のすねには、骨が2本ありますが、メインの骨は脛骨(けいこつ)と言い親指側にあります。

小指側にある骨は腓骨(ひこつ)と言って補助的な働きを持ちます。

 

腓骨が、下にずれている人が非常に多い。

そして足首にある距骨(きょこつ)という骨を内側に押し出してしまう。

足首の骨格的なずれの原因です。

 

足首には距骨の他に立方骨(りっぽうこつ)、舟状骨(せんじょうこつ)、踵骨(しょうこつ)等と呼ばれる骨があります。

いずれも他の骨や筋肉、靭帯との関係でバランスを保っている。

 

どれか一つの骨にゆがみが生じると、その影響は足首全体に広がり、全身へ波及します。

整体やマッサージで体調が良くならない場合、足首のゆがみを疑ってみることも必要でしょう。

 

横浜市港北区整体足首がゆがむと全身がゆがむ今回は、腓骨に押し出された距骨を元に戻す方法をお伝えいたします。

まずは検査方法から。

 

距骨が内側に押し出されているかどうかは、内くるぶしのかかとより斜め下を指先で押す。

例えば左足首を検査する場合、右手親指を内くるぶし部に当て、残りの四本指で足首を包むように。

内くるぶしに痛みや違和感、気持ちよさを感じれば距骨が押し出されていることになります。

 

話はずれますが、指先で押して「気持ちがいい」のは、違和感です。

通常の「押されているだけの感覚」とは異なるという意味で。

 

その「気持ちよさ」をじっくり感じてみると、大きく分けて2つの感覚があります。

もっと続けてほしい「気持ちよさ」と、あまり心地よくない「気持ちよさ」に。

 

いずれにせよ「気持ちいい」のは、手放しで喜ぶわけにはいきません。

「通常とは異なる感覚」ですから、そこは何かあるわけです。

 

話を元に戻して。

 

修正方法は、親指を内くるぶしに当て、右手首で左足全体を外側にごく軽くひねるように「意図する」。

 

「意図する」とは、そうしようと思うことです。

実際に足首をひねる必要はない、という意味です。

 

別の表現をすれば「0.1ミリだけひねる」でもいい。

わかりにくければ、親指を乗せているだけでもいいです。

 

敏感な人は、親指を乗せている場所の感覚が変わったように感じるはず。

柔らかくなったり、薄皮がなくなったように感じる。

再度検査をして、押されている感覚だけになればOK。

 

同響法で修正する場合。

左足首の距骨を元に戻す時、左手小指第一関節甲側を、指先で内側から外側に軽くこする。

 

こすった後は、30秒程度静かにしておいてください。

すぐ動くと、効果が出にくくなります。

 

もっとも、距骨を戻す前に行うことがあります。

すねの外側にある骨、腓骨を上にあげておくこと。

 

順番を間違えると、距骨はなかなか戻らないので要注意。

 

腓骨の上げ方は、こちらで説明しておりますので、参考になさってください。

 

メニュー・料金

駅からの道のり

院長プロフィール

よくあるご質問

ご予約前に必ずお読み下さい:整体の前後のお願い

ご予約状況

ご予約お問合せ

完全無痛整体の部位別施術例

トップページ

関連記事