横浜市港北区菊名徒歩5分の完全無痛整体。あなたの肩こりや首こり、首が痛い・重苦しい痛み、腰痛等がまったく痛くない施術で根本的に楽になります。

駅からのアクセスお車でのアクセス

頭痛の原因は噛みあわせでした

噛みあわせがアンバランスになるとあごがゆがみ、頭蓋骨がゆがんで頭痛の原因に。

電話:080-5312-9332:毎日9時~21時受付│ご予約お問合せメールフォーム:PC携帯スマホ対応:24時間受付

 

突然ですが、身体の端はどことどこでしょうか?

整体的には「あごと尾骨」が身体の端になります。

背骨の両端が身体の端である、と考えていただければよろしいかと。

 

「じゃあ、首の一番上頚椎1番が端ではないのか?」

 

そう思われる方もいらっしゃることでしょう。

 

あごは食物を噛むことで大きく動きます。

動きは頚椎を通じて全身へ伝わり、影響を与えます。

そのため、あごを身体の端と考えています。

 

尾骨も重要な場所ですが、今回はあごについて述べてみます。

噛みあわせが身体に影響を与える例として、腰痛と頭痛を訴えられたお客様の施術例です。

 

40代女性のF様、としておきます。

腰痛を訴えられてお見えになりました。

 

お話をいろいろ伺うと「腰痛の他に1か月ほど前からしょっちゅう頭痛がする」と。

骨盤と頭蓋骨は対応しているので、両方に症状が出ることもあります。

重要なのは、骨盤や頭蓋骨がどこからどのように影響を受けているか?を探し出すことです。

 

身体を検査すると、頭と足首、右そけい部にコリがありました。

頭のコリは全身、特に骨盤周辺に影響を与えるもので、しっかり取る必要があります。

 

足首のコリを取ると足指のコリが出てきたので、そちらも取りました。

そけい部は仙骨や尻餅と対応させて整えました。

 

『先生、なんだか頭痛がしてきました』

 

「頭痛の程度は強くなっていきますか?」

 

『いや、頭が少し重い感じがしますが、ひどくはなりません』

 

「身体を整える途中で、一時的に不安定になることがあります。少し様子を見て下さい」

 

と言ったものの、違和感が続くようなら早めに対応しなければなりません。

もう一度身体検査して、身体の流れを読みます。

頭に何かありそうです。

 

頭を丹念に調べます。

確かにどこかから引っ張られているような・・・。

 

「最近頭を打ったりしましたか?」

 

『いいえ・・・』

 

ふむ・・・あっ、ここかな?

 

あごの検査をすると、明らかに左右差がある。

左右差があるといっても、大きさや形の差ではありません。

指に伝わる感覚に差があるというか。

あごの気やエネルギーに差があるような、文章で書くとそんな感じです。

 

「食べ物を噛む時、片側で噛みますか?」

 

『歯の治療中なので、左側だけで噛んでいます』

 

なるほど、それだ・・・。

 

あごの対応点に指先を乗せ、頭のコリと再度対応させます。

後頭部の「ぼんのくび」(頭痛や目の疲れのポイントでもある)と対応させます。

時間にして十数秒。

 

「これでいかがですか?」

 

『頭が楽になりました』

 

「腰の感じはどうです?」

 

『ええ、すっかり力が抜けています』

 

彼女の場合、あごの左右差も頭のコリを生みだしていたかもしれません。

片側だけで噛む場合、身体にゆがみを生みだす可能性は少なくありません。

 

噛み方が習慣になっている場合、意志だけで両方のあごを使って食べることは難しい。

身体そのものが「片側で噛む身体」になっているからです。

 

意志も必要でしょうが、例えば整体で身体を整える。

そして「片側で噛む身体」から生まれ変わることをお勧めいたします。

 

メニュー・料金

駅からの道のり

院長プロフィール

よくあるご質問

ご予約前に必ずお読み下さい:整体の前後のお願い

ご予約状況

ご予約お問合せ

完全無痛整体の部位別施術例

トップページ

関連記事