横浜市港北区菊名徒歩5分の完全無痛整体。あなたの肩こりや首こり、首が痛い・重苦しい痛み、腰痛等がまったく痛くない施術で根本的に楽になります。

駅からのアクセスお車でのアクセス

頬杖が肩こりを生じさせる理由

肩こりはひじのコリ。ひじにコリができる理由は、腕のねじれと、ひじの「習慣性圧迫」があります。

電話:080-5312-9332:毎日9時~21時受付│ご予約お問合せメールフォーム:PC携帯スマホ対応:24時間受付

 

頬杖があなたのひじを詰まらせて肩をゆがめる。

肩こりの原因になる頬杖とその施術例のご紹介です。

 

あなたの癖があなたの姿勢を決める

 

昔のことわざ「無くて七癖」。

癖が無いように見える人も、何か癖はある、という意味です。

誰でも個人的で特徴的な動作や仕草、習慣を持っているということでしょう。

 

しかも、1つではなく複数あるということ。

「一癖」ではなく「七癖」ですからね。

もっとも、この「七」は、「無くて」の「な」と語頭を合わせたものらしいですが。

 

私も、手の甲で鼻をこする癖があります。

照れくさい時に出ます・・・。

昔の気まずい経験を思い出すと、咳払いをする癖もあります。

 

とにかく、あなたも私もいろんな癖があるはずです。

癖があるからこそ、みんな個性があってユニークだとも言えます。

 

ところが、この癖・習慣は私たちの心身の健康と深く関係があります。

ですから厚生労働省(当時は厚生省)も、成人病と言う名称を「生活習慣病」と改めたのでしょう。

 

動作に関する癖、例えば腕の組み方。

どちらの腕が上に来ますか?足を組むこともそう。

女性なら、カバンをどちらの肩にかけるか?

 

他にも「ポジティヴ思考」や「取り越し苦労」は、考え方の癖と言えますね。

 

頬杖で生じる身体のゆがみ

 

今回は、癖のうちの1つである「頬杖」が肩こりを生じさせる事についてご説明いたします。

 

頬杖とは、手のひらをあごの下に当て、ひじを机の上につく姿勢。

上半身を斜め前に傾けて、机についたひじで上半身を支える姿勢ですね。

 

この姿勢を取ると、どんなことが身体に生じるでしょうか?

 

まずはひじが上半身の重さで圧迫されます。

そして肩や肩甲骨が上に持ち上げられる。

 

次に、腰から上半身がねじれます。

特に、左右のバランスを取る役割を持つ鎖骨がねじれます。

上半身がねじれれば、下半身はバランスをとろうとして逆にねじれる。

 

例えば、右ひじで頬杖をつくと、骨盤右側に重心がかかる。

骨盤右側が後ろに倒れ、骨盤左側が前に出る。

 

骨盤の中央にある仙骨も同じようにねじれる。

仙骨の上に乗っている腰もねじれ、腰の上に乗っている背骨や首もねじれてしまう。

 

他には、手のひらに乗せたあごの圧迫もありますね。

 

このように、頬杖をつくだけであなたの身体は様々な影響や負担を受けてしまうのです。

頬杖、コワいですね・・・。

 

ひじの詰まりが肩こりを生み出す

 

肩こりと関係が深いのは、上記の中でもひじの圧迫と肩や肩甲骨の持ち上げです。

特に、ひじはコリができやすいのです。

 

このホームページをご覧になっている方は「尻餅」についてご存じかと存じます。

「尻餅」は、お尻にできたコリのことですが、尻もちをつくとできます。

お尻にできた餅のようなもの、という意味です。

 

ただ、座業のお仕事をなさっている人のお尻にも「尻餅」はできやすい。横浜市港北区妙蓮寺整体肩こりはひじのコリを整える

長時間の圧迫で、とがっている坐骨周辺にコリができてしまうのです。

 

ところで、お尻には分厚いお肉があります。

イスにはクッションがついた座面がある。

それでも、長時間座っているだけでお尻にコリができてしまう。

 

そして、ひじ。

ひじに分厚いお肉はありません。

薄い皮膚に覆われているだけで、ひじそのものはとがって硬い。

 

頬杖をつく場合、ひじの下にクッションをおいて頬杖をつきますか?

つきませんよね。

 

そういうわけで、頬杖をつくと、お尻にコリができるよりカンタンに、ひじにコリができます。

ひじにできたコリは、肩に悪さをして肩こりの原因になるのです。

 

ひじのコリの解除方法

 

ひじのコリは、2種類あります。

ひじそのものの硬さと、ひじの両側にできるコリです。

 

ひじの硬さは、手で包むようにふれると詰まったような縮んでいるような感覚があります。

ひじ両側のコリ、特に親指側のコリはわかりやすい。

指先でふれると、グミのようなこんにゃくのような、そんな感触があります。

 

ひじそのものの硬さは、手のひらで包んでいればそのうちフワ~っとほどけてきます。

対応点を探して対応させれば、あっと言う間ですが。

 

対応点とは、コリを維持している場所で、その場所にもコリがある場合が多い。

ひじの対応点は、指や肩にあります。

 

ひじ両側のコリも、両手の指先をコリに軽く当ててしばらくそのまま。

もしくは対応点を探して対応させます。

 

右利きなのに左肩が肩こりだったのが、ひじを整えて治ったG様の施術例

 

『右利きなのに、左肩がものすごくこるんです。どうしてですかね?』

 

着替えを終えたG様は開口一番、私に向かっておっしゃいました。

 

「ふむ・・・いろんな理由はありますが・・・」

 

左肩や左腕を痛めたことはないか、突き指をしたことはないか、古傷について確認しました。

 

『特に左腕を痛めたことはないと思うんです。突き指も・・・部活は書道部でしたし』

 

書道じゃ、突き指はしませんよね・・・。

 

身体の流れを読むと、肩や肩甲骨、わき腹にコリがあります。

すべて左側です。

左腕、上腕前腕も硬いです。

 

そして、腰やひざの右側が硬い。

 

上半身と下半身でコリの出る場所が逆。

ねじれができていますね。

 

上半身左側を再度検査しました。

腕よりもひじのコリが目立ちます。

ひじのコリが腕全体を硬くしているようです。

 

ひじの両側、特に親指側に分厚いグミのようなコリが。

これだな・・・。

 

横浜市港北区妙蓮寺整体肩こりはひじのコリが原因ひじを両手で包むようにはさみ、それぞれのコリに指先を軽く当てます。

しばらくそのままでいると、指先の感覚が変わります。

コリがほぐれた合図です。

 

「昔、ひじを痛めたことありますか?」

 

『いいえ、特にないです』

 

「失礼ですが、お仕事はどのような関係ですか?」

 

『事務職です。一日中パソコンに向かってデータ入力をしています』

 

「データ入力・・・ひょっとして左手は遊んでいますか?」

 

『右手のマウスしか使わないので、左手で頬杖をついていますけど』

 

ああ・・・それだ・・・。

ということは、肩やわき腹、鎖骨が上にずりあがっていますね。

 

肩やわき腹、肩甲骨をひじのコリと対応させます。

順番を間違えると大変なので、慎重に。

左上半身の力が抜けて、柔らかく落ち着いてきました。

 

「さて、上体を起こしてください。左肩の感じはどうですか?」

 

『上半身が左に傾いているように感じるんですが、これで正常ですか?』

 

「ええ大丈夫です。以前は左肩が上にあがって右に傾いていたんですよ」

 

『左肩も左腕もずいぶん軽くなりました。頬杖が良くなかったんですね』

 

左肩をぐるぐる回しながら、G様はホっと安心されたご様子でした。

 

頬杖が諸悪の根源、とまでは言えないでしょう。

何事も程度の問題で、少しくらいなら良かったんでしょうけれど。

 

ただ、頬杖をつく理由は他にもあります。

机が低いことイスが高いこと、腰が弱くて曲がっていることもその理由の一つです。

 

職場環境は、あなたの健康に最も影響を与えます。

お勤めの場合、一日で最も時間をかけて過ごすわけですから・・・。

 

とは言うものの、職場の机やイスは職場の備品。

個別対応はなかなか難しい。

 

空いている机やイスで身体にあっているものがあれば、交換するのがいいですね。

 

今すぐできることは、こまめに「立って休憩する」。

 

ずーっとイスに座って仕事をして、席を立つのはトイレと昼食、会議だけでは身体が固まってしまいます。

ゆがみも定着してしまう。

 

こまめに立って、背伸びをしたり肩を回したり腰をひねったり。

カンタンにストレッチするだけでも、ゆがみを分散させることができますよ。

整体塾仁龍堂では、セルフケアもお教えしておりますので、お試しくださいネ。

 

メニュー・料金

駅からの道のり

院長プロフィール

よくあるご質問

ご予約前に必ずお読み下さい:整体の前後のお願い

ご予約状況

ご予約お問合せ

完全無痛整体の部位別施術例

トップページ

関連記事