横浜市港北区菊名徒歩5分の完全無痛整体。あなたの肩こりや首こり、首が痛い・重苦しい痛み、腰痛等がまったく痛くない施術で根本的に楽になります。

駅からのアクセスお車でのアクセス

肩甲骨が痛い・肩甲骨のこりは肩端こり

肩甲骨が鳴る・背中が痛いなど肩甲骨周りの不調は、肩の縁のコリが悪さをしています。

電話:080-5312-9332:毎日9時~21時受付│ご予約お問合せメールフォーム:PC携帯スマホ対応:24時間受付

 

こじれた肩こりは、肩甲骨がゆがんで端にコリができる。

肩甲骨の整え方と、施術例も合わせてお読み下さい。

 

肩甲骨の痛みは、こじれたサイン

 

『肩甲骨の内側あたりが痛いんです。肩を回すとバキボキ鳴ります』

 

お客様がそうおっしゃると、以前は少し緊張したものでした。

おなかや胃が少しヒクっとするというか・・・身構える気分になったのは確かです。

 

今はもう大丈夫ですけどね。

 

以前すこし緊張したのは、こういうわけです。

 

肩甲骨に痛み違和感を感じる人は、肩こりがこじれて全身がゆがんでいることが多い。

 

横浜市港北区妙蓮寺整体肩甲骨の痛みは肩端のコリを取る肩と肩甲骨は隣り合っています。

ですから、肩と肩甲骨は互いに影響を与え合っています。

 

肩こりが長期化してこじれると、肩甲骨周辺まで痛みや違和感が出てきます。

肩や肩甲骨がゆがんでいるだけなら、まだ施術はしやすい。

 

肩甲骨周りが痛い、音が鳴るなど不調がある場合、影響は全身に及んでいる。

要するに「なかなか整わない・こじれている身体」になっている場合が多いですね。

 

肩甲骨の内側が痛むわけ

 

肩甲骨が痛いと訴えられる方は、特に肩甲骨内側の端周辺が痛みます。

『肩甲骨の、このあたりが・・・』と指さす先は、肩甲骨内側の端です。

 

なぜ、肩甲骨内側の端にコリが生じて痛むのでしょう?

それは、肩が前と上にずれて、肩甲骨を引っ張るからです。

 

肩こりで肩がゆがむと、肩は前にずれると同時に上にあがります。

例外はありますが、一般的な肩こりはみんな上記の通りです。

 

では、右肩が前にずれた状態を、背中側の頭上から見たとイメージして下さい。

右肩が前にずれると、背中の向かって右側が前にずれます。

肩甲骨は肩とくっついているので、肩に引っ張られて肩甲骨も前にずれます。

 

ところが・・・。

肩甲骨全体が前にずれるわけではないんです。

 

右の肩甲骨は、肩甲骨右端で肩とくっついています。

つまり、肩甲骨の右端が前に引っ張られます。

 

右の肩甲骨の右端が前にずれると、肩甲骨の左下端ー内側は、背中を内側から押し出すようにずれます。

その結果、背中ー肩甲骨内側の端に痛みが生じるというわけです。

 

肩甲骨のゆがみが、全身をゆがめる

 

そして、右肩が前と上にずれると、身体はどんな影響を受けるでしょうか?

イスにすわって、少しオーバーに右肩を前に突き出してみると、わかりやすいです。

 

右肩が前と上にゆがむと、肩甲骨が上記のようにゆがみ、右の鎖骨が前にずれ、左の鎖骨が後ろに引けます。

 

次に、首の骨は右にねじれます。

上半身が左にねじれるので、正面を見るために、右にねじれてしまうのです。

 

上半身が左にねじれるので、背骨も左にねじれ、腰も左にねじれます。

骨盤は、右側が前に倒れて左側が後ろに倒れます。

骨盤の中央にある仙骨も、骨盤と同じようにねじれます。

 

右肩が前に突き出るだけでも、こんなに身体がゆがんでしまうのです。

身体はつながっていますからね

 

背中の痛みは、肩こりがこじれて肩甲骨がゆがんで生じる痛み。

肩こりを整えるとともに全身バランスを改善しない限り、肩甲骨の痛みは整わないでしょう。

 

肩甲骨を元に戻す方法

 

では、どうやって肩甲骨の痛みをほどくか?横浜市港北区妙蓮寺整体肩甲骨のコリは肩端こりを整える

ポイントは、肩甲上腕関節及び肩峰付近です。

わかりやすく言えば、肩の端っこ・肩と腕の境目、です。

 

肩甲骨周辺の痛みは、肩鎖関節の少し下にある、肩甲上腕関節裏側や肩峰付近に生じるコリをほどけばよろしい。

肩甲骨の背中側、肩甲骨と腕の境目付近です。

 

肩甲上腕関節及び肩峰付近の対応点は、腕に多く見られます。

ひじや手首、指に詰まりやコリがある場合、それが対応点になっていることが多いです。

対応点のコリや詰まりを取れば、肩甲骨の背中側、肩甲骨と腕の境目のコリはなくなります。

 

対応点のコリや詰まりをとっても、変化がない場合。

対応点に指先を置き、反対側の手を肩甲骨のコリに置いて気を通せばよろしい。

 

自分の気を送る必要はありません。

そんなことすると、消耗しますよ。

 

まず肩を元に戻すこと。

次に、肩甲骨を元に戻す。

この順番で整えてみてください。

 

B様も、肩甲骨の奥にある鈍い重苦しい痛みが、1回の施術でぐっと楽になりました。

 

肩甲骨内側に、ナイフが刺さるような痛みが楽になったB様の施術例

 

B様は横浜市港北区にお住まいの30代女性。

社会人になって以来、肩こりに悩まされておられます。

最近は、肩こりだけでなく肩甲骨の内部にも鈍い重苦しさを感じるようになりました。

 

『肩甲骨の、この辺にナイフが刺さっているみたいで・・・』

 

B様は、右の肩甲骨を指さしながら説明して下さいました。

指さしているのは、やっぱり肩甲骨内側のはしです。

 

肩こりもあるし、肩甲骨・・・一度でどこまで整えられるか?

慎重に身体の流れを読みます。

 

まずは、ひざに何かありそうです。

ひざの流れを読むと、そけい部や仙骨と対応しています。

 

これは、腰にゆがみがあるということです。

ひざとそけい部、腰をそれぞれ対応させて整えます。

 

もう一度身体の流れを読むと、頭から右肩周辺に負担がかかっています。

 

身体の一部を整えると、全身が変化します。

そうすると、根本原因が浮かび上がってくるのです。

 

肩周辺は、後頭部から負担をかけられていました。

後頭部を整えてコリを取り、肩や鎖骨を整えます。

 

「今、肩はどんな感じですか?」指先で肩周辺を押します。

 

『はい、肩はずいぶん楽になりました』

 

「こちらはどうです?」肩甲骨内側の端を軽く押します。

 

『まだ少し残っています』

 

肩甲骨周辺に指先をごく軽く、ふれるかふれないかの程度に当てて、慎重に流れを読みます。

肩甲骨の外側から、負担がかかっています。

肩と腕の境目、肩甲上腕関節付近にある詰まりをほどきます。

 

「これでいかがでしょう?」肩甲骨内側のへりを指先で押します。

 

『あれ?痛いのがなくなりました。へえ~っ、うそみたいですね』

 

念のため、右ひざと肩甲骨を対応させ、おしまいにしました。

 

肩こりがこじれると、肩甲骨までゆがみが広がり、やがて全身がゆがむ。

肩こりがこじれて肩甲骨に痛みがでる前に、早めに対応されることをおすすめいたします。

 

ご予約状況

ご予約お問合せ

 

メニュー・料金

駅からの道のり

院長プロフィール

よくあるご質問

ご予約前に必ずお読み下さい:整体の前後のお願い

完全無痛整体の部位別施術例

トップページ

関連記事