横浜市港北区菊名徒歩5分の完全無痛整体。あなたの肩こりや首こり、首が痛い・重苦しい痛み、腰痛等がまったく痛くない施術で根本的に楽になります。

駅からのアクセスお車でのアクセス

肩こりは胸骨こり

胸骨に生じたコリをほどくと、肩こりがぐっと楽になりました。

電話:080-5312-9332:毎日9時~21時受付│ご予約お問合せメールフォーム:PC携帯スマホ対応:24時間受付

 

胸の中央にある骨、胸骨が肩に負担をかけて肩こりに。

胸骨を落ち着かせる方法や施術例と合わせてお読み下さい。

 

腕がゆがむと胸がゆがんで肩がゆがむ

 

肩こりでお困りの方は、やはり、どうしても多いですね。

今回は、肩こりになる理由の1つ「肩は自由に大きく動く腕とくっついているから」について。

 

「自由に動く腕から影響を受けるって、どういうこと?」

 

上半身は腕の動きに強く影響を受けます。

腕がゆがむと、腕の動きがスムーズでなくなり、腕の動きに左右差が生じます。

 

腕の動きの左右差は、上半身に左右差を生みだします。

その結果、肩こりになるのです。

 

ではまず、胸骨について簡単にご説明します。

胸骨は、首の下の丸い出っ張りから鳩尾(みぞおち)までの間にある細長い骨です。

 

胸骨には、左右の一番上に鎖骨、その下にろっ骨が接続しています。

鎖骨は、胸骨と接続している端の反対側で、肩と接続していて、肩は腕と接続しています。

 

腕の動きの左右差は、鎖骨経由で胸骨に集められます。

つまり、腕のゆがみは鎖骨も胸骨もゆがめてしまうのです。

 

肩こりの根本的調整ー鎖骨を開く・腕のねじれを解消する

 

胸骨の調整法ですが、腕と鎖骨を整えればよろしい。

詳しく言うと、腕の内側ねじれと鎖骨を開いてゆがみを修正すればいいのです。

 

鎖骨を開くとはどういうことか?

ゆがんだ鎖骨は、前腕に引っ張られ、肩に巻き込まれて閉じているのです。

 

鎖骨は腕のゆがみに影響を受け、2つのゆがみが生み出されます。

前腕が内側にねじれて、胸も内側にねじれ、胸が閉じるような格好になります。

さらに、前腕にあるとう骨が手首側にずれ、肩や鎖骨を手首側に引っ張ります。

 

これら2つのゆがみで、鎖骨はねじれて胸とのすき間が狭くなり閉じてしまいます。

腕のねじれや肩のゆがみを戻すと、鎖骨は元の位置に戻り、開きます。

鎖骨が調整されれば、胸骨へかかる負担がなくなるので、胸骨も調整されるのです。

 

身体のそれぞれの部分は、つながっています。

特に隣同士の部分はお互いに強く影響しあっている。

 

ですから、ある場所の症状を解消するには、関係する部分を整える必要があります。

「面倒だ」と調整を省略することはできません。

 

その場限りの施術でない・根本的かつぶり返さない施術をご希望の場合は、なおさらです。

 

横浜市港北区妙蓮寺整体肩こりは胸骨を整える具体的な調整方法をご紹介します。

前腕の内側ねじれを整えるには、前腕にあるとう骨を上に戻し、ひじ周辺にできたコリを取ること。

鎖骨を開くのは、前腕の内側ねじれを整えて、とう骨と尺骨それぞれのねじれを取って前腕を外側に開けばいい。

 

腕や鎖骨を整えることで、胸全体がフワッと落ち着きます。

鎖骨やろっ骨も元に戻り、肩も本来の位置で本来の動きを取り戻すのです。

 

今回施術例をご紹介するR様もまた、長年の肩こりに悩まされていました。

 

胸骨を整えて肩こりが楽になったR様の施術例

 

R様が初めて肩こりを自覚し始めたのは、高校生の頃からだそうです。

 

高校生の頃、軟式テニスをしていたと伺い「じゃあ、あの場所がゆがんでいるかな」と思いました。

身体の流れを読むと、右ひじと右手首に詰まりがギッチリありました。

やはり、予想通りです。

 

軟式テニス(ソフトテニス)は、硬式テニスと違ってグリップチェンジをしない人が多い。

ウエスタングリップという、ラケットを持って腕を正面に伸ばすと、ラケット面が正面を向く持ち方で、すべてのショットを打ちます。

 

ウエスタングリップでバックハンドを打つ時、手首を内側にねじって打つことになります。

特に、低いボールをすくい上げるように打つ時は、手首やひじを極限まで内側にねじって打つようになる。

 

この姿勢動作でボールを強打し続けると、手首やひじに負担がかかり、詰まりが生じるのです。

ですから、手首やひじの詰まりをほどけば、肩こりは落ち着くんじゃないか、と施術を行いました。

 

手首やひじの詰まりやコリをほどき、それぞれ対応している場所と対応させて整えます。

腕や肩はかなり落ち着いてきましたが、今一つスッキリしません。

 

「今のところ、肩の感じはいかがですか?」

 

『かなり楽になりましたが、何だか硬い感じがします』

 

まだどこか、残っていますね。

もう一度身体の流れを読み取ると、胸に何かありそうです。

 

胸といえば、肩こりの方は鎖骨下周辺も硬くなっている事が多い。

デコルテ、といえば女性はおわかりでしょう。

肩こりがこじれてくると、鎖骨周辺までコリや詰まりが広がって、硬くなります。

 

R様の場合、デコルテではないようです。

胸の中央下、みぞおち付近にコリがありました。

 

「ここを押されると、どんな感じですか?」

 

『何だかすごくイヤな感じがします。ただ硬いだけじゃなくって、すごくイヤな感じ』横浜市港北区妙蓮寺整体肩こりは胸骨のねじれ2

 

なるほど、ここですね。

胸骨全体を整えて、みぞおち付近のコリをほどきます。

 

その後、みどおち付近のコリと鎖骨、肩を対応させて整えます。

見る見るうちに、鎖骨と肩が落ち着いてきました。

 

「では、ゆっくり起き上がって、両肩をゆっくり回してみてください」

 

『ああ~肩が楽で軽いです。動かしても痛みはありません。』

 

R様の上半身はすっかり落ち着きを取り戻し、肩は元の位置に戻って左右差もなくシュっとしていました。

 

R様には施術後、カバンの持ち方についてもアドバイスをいたしました。

女性は肩からカバンをかける人が多く、カバンの持ち方で肩に負担がかかる場合が多い。

肩を楽にするセルフケアも続けていただき、数回の施術で肩こりはすっかりなくなりました。

 

肩こりだからといって、肩だけが悪いわけではありません。

肩に負担をかけている場所を見つけ出して整えることが、根本治療には重要です。

 

身体はつながっていますから、思わぬところが肩に負担をかけることもあるもの。

いつも初心の如く、まっさらな気持ちでお客様の身体と向き合えば、必ず身体は整ってゆきます。

 

とは言うものの、お客様に軟式テニスの事を伺っていなければ、身体を読み取るのに時間がかかったことでしょう。

改めて、普段の動作や姿勢を、過去の習慣等を確認することの大切さを感じた施術例でした。

 

根本治療の主役は、いつもお客様の自己治癒力です。

今後とも、お客様の自己治癒力を邪魔しない・自己治癒力が十分働くことができるような施術を目指します。

 

ご予約状況

ご予約お問合せ

 

メニュー・料金

駅からの道のり

院長プロフィール

よくあるご質問

ご予約前に必ずお読み下さい:整体の前後のお願い

完全無痛整体の部位別施術例

トップページ

関連記事