横浜市港北区菊名徒歩5分の完全無痛整体。あなたの肩こりや首こり、首が痛い・重苦しい痛み、腰痛等がまったく痛くない施術で根本的に楽になります。

駅からのアクセスお車でのアクセス

そけい部の痛みが、下半身の前を整えると楽になった

そけい部のゆがみは、痛みのある側の半身、特に脚の前側を整えること。

電話:080-5312-9332:毎日9時~21時受付│ご予約お問合せメールフォーム:PC携帯スマホ対応:24時間受付

 

そけい部は脚の前側から負担をかけられることが多いもの。

脚の前側、すねを整えてそけい部の痛みが楽になった施術例と合わせてお読み下さい。

 

そけい部の治療を、骨盤との位置関係で考える

 

「そけい部」という呼び方は、あまり一般的ではないようです。

そけい部の場所は、骨盤と太ももの関節部。

ビートたけしさんの往年のギャグ「コマネチ!」で、手の小指側でこする部分、と言えばわかりやすいでしょうか?(笑)

 

お客様に痛みのある場所を尋ねると、「股関節の隣り」とおっしゃる方が多いようです。

呼び名が定着していないのは、みなさんがその場所に意識を向けないー痛み違和感が出にくいーと思っていました。

ところが、そけい部の痛みや違和感でお困りのお客様は、意外と多いです。

 

横浜市港北区妙蓮寺整体そけい部の痛みはすねのコリを取るそけい部は、骨盤との位置関係で言えば、骨盤表側の下になります。

骨盤裏側の痛み(座骨神経痛など)と、そけい部がゆがむプロセスや治療は、異なります。

 

経験上、骨盤裏側の痛みや違和感は、仙骨のゆがみに強く影響を受けているようです。

したがいまして、仙骨のゆがみを整えることを第一優先に考えます。

 

一方、そけい部等骨盤表側の痛み違和感は、仙骨や骨盤のゆがみだけでなく、腕や脚から影響を受けています。

特に脚の前側、すねやひざ、太ももにコリや詰まりが見られるようです。

 

以前書いたように、骨盤は身体の中心にあり、腕や脚の動きに影響を受けます。

腕や足がゆがむと動きの左右差が生じ、骨盤もゆがむわけです。

 

腕や脚のゆがみを取っても、そけい部の痛みや違和感が楽にならない。

脚の前側にコリや詰まりがないか、調べてみることをお勧めいたします。

 

すねにできたコリが、そけい部をゆがめる

 

意外と見落としがちなのが、すね前面に生じる詰まりやコリ。

コリや詰まりは関節のみに生じる、と思っておられる方は少なくないようですが・・・。

すね前側に生じているコリを取り去ることで、そけい部の治療は従来より数段進みました。

 

すね前面は、内半分と外半分に分けることができます。

外半分は、他の記事で何度か触れているように、ひ骨と関係が深い。

すね外側にあるひ骨が下がり広がることで腰や骨盤をゆがめ、全身に負担をかけます。

 

一方、すね内側はひざ内側や内くるぶし、そしてそけい部と関係が深いですね。

すね内側には脛骨(けいこつ)があり、詰まりやコリはその骨の表面に生じている。

 

すね外側同様、内側にできた詰まりやコリをほどくことで、下半身が安定してきます。

下半身が安定すれば上半身も落ち着き、結果的に全身のバランスが回復されるのです。

 

すねにできたコリや詰まりをどうやって取り去るか?

 

すねにできたコリや詰まりは、多くの場合打撲から生じます。

 

『すねを強く打った事がある』とお客様からうかがったら、すねにコリができていることを考えます。

自転車に乗っていて転んだ、階段で転んだ、机の脚にぶつけた、等です。

 

まずは、お客様にすねを打った時の状況を詳しく伺います。

すねのどのあたりを打ったか、どんなベクトルで衝撃が入って抜けたかを知るためです。

 

すねを打った場所ー打撲の衝撃が入ったポイントと、打撲の衝撃が抜けたポイントに両手を当てます。

お客様がどこを打ったか覚えていない場合、手指の感覚を頼りにポイントを探るしかありませんが。

 

すねを打った付近を指先でごく軽く触れると、他の場所と雰囲気が違うポイントがあります。

硬い・縮んでいる・冷たい・薄い・・・他の場所と比べて「活きていない」「エネルギーが少ない」感じがします。

このポイントが、他の場所ーそけい部に負担をかけているのです。

 

ポイントの大きさはまちまちです。

ある程度大きな、親指程度の場合もありますし、本当に小さな点の時もあります。

経験上、面積が小さい方が身体へのダメージは大きいようです。

 

とにかく、すねの両側に手を当てます。

ポイントが小さい場合、指先を当てることになります。

 

しばらくそのまま、手を当てている。横浜市港北区妙蓮寺整体そけい部の痛みはすねのコリを取る2

すねの、打撃が入った場所の感覚が変わってゆきます。

軟らかい・拡がる・暖かい・厚い・・・活力、エネルギーがある・・・そんな雰囲気に変わってゆきます。

 

どれくらい手を当てていればいいのか?については難しいです。

その時々の状況によります。

すねのポイントが変化するまで、としか申し上げられない、のが正直なところです。

 

手の下にあるポイントの変化を感じるには、経験や慣れが必要です。

最初からありありと変化を感じる人もおられますが・・・。

感じる感じないにかかわらず、とにかく手を当ててください。

 

雰囲気が変われば、すねに生じたコリや詰まりはなくなります。

すね全体が整い、両側のひざや足首も落ち着くこともあるほどです。

 

すねに生じたコリや詰まりがなくなれば、そけい部も落ち着くことでしょう。

落ち着かない場合は、すねのコリとそけい部に指先を乗せて、しばらくそのまま。

 

そけい部の痛みでお見えになったG様も、すねに大きな詰まりがありました。

 

すねのコリを取ってそけい部が楽になった施術例

 

G様の左そけい部が「シクシク痛む」ようになったのは、数年前から。

鍼灸や整骨院に通っても、なかなか良くならなかった。

ネット検索で仁龍堂を見つけられ、来院されました。

 

身体の流れを読むと、痛みがあるそけい部に向かって、2つの流れが流れ込んでいました。

1つ目は左足から、2つ目は上半身からです。

左そけい部に強く負担をかけている、左足から整えることにしました。

 

左足の流れをていねいに読むと、足先・足首から流れが出ています。

足先からの流れは、足の指のコリが生み出していました。

小指と薬指のコリをほどき、足先からの流れはなくなりました。

 

足首は、くるぶしやかかと周辺にコリが浮き出ています。

ひざやそけい部とくるぶしを対応させて、コリを取ります。

 

上半身からの流れは、右肩から生じていました。

 

「肩はこりますか?」

 

『仕事でパソコン作業が続くと、こりますね』

 

肩のコリをほどき、肩とそけい部を対応させて整えます。

 

もう一度、左そけいぶ周辺の流れを読むと・・・。

すね内側から流れが出ているのを発見。

他のコリや詰まりがあったため、隠されて感じられなかったんでしょう。

 

すね内側に指先を乗せ、流れがどの点から出ているかを読みとります。

 

「ここはどうですか?」指先で、すね内側のある点を軽く押します。

 

『あ、痛い痛い、痛いです』

 

すね内側を両手ではさみ、しばらくそのまま。

コリをほどき、そけい部やひざと対応させます。

左そけい部や骨盤がぐっと落ち着きました。

 

「ではゆっくり起きあがってください。左そけい部はどんな感じですか?」

 

『はい、いいです!痛みはほとんどありません。そけい部が軽くなった感じです』

 

そけい部の痛み違和感は、骨盤に影響を与える脚の前側をよく検査してください。

上半身からの影響も忘れないように。

 

そして、痛みが軽くなったからといって油断しないで、全身のゆがみを整えてくださいね。

 

ご予約状況

ご予約お問合せ

 

メニュー・料金

駅からの道のり

院長プロフィール

よくあるご質問

ご予約前に必ずお読み下さい:整体の前後のお願い

完全無痛整体の部位別施術例

トップページ

関連記事