横浜市港北区菊名徒歩5分の完全無痛整体。あなたの肩こりや首こり、首が痛い・重苦しい痛み、腰痛等がまったく痛くない施術で根本的に楽になります。

駅からのアクセスお車でのアクセス

腰痛は脚外側と頭のコリを解除すべし

腰痛はすね外側の骨が下がり腰が引っ張られた結果。脚外側のコリ詰まりを解除しよう。

電話:080-5312-9332:毎日9時~21時受付│ご予約お問合せメールフォーム:PC携帯スマホ対応:24時間受付

 

脚(足首から骨盤まで)外側の骨が下にずれると、腰痛の原因になります。

腰痛が楽になった施術例と合わせてお読み下さい。

 

腰痛がぶり返す理由

 

腰痛になる原因は実に様々ですが、今回は脚(足首から骨盤まで)外側のコリを解除するお話です。

 

仁龍堂を訪れるお客様の症状で、最も多いものが腰痛・腰関係の症状です。

 

腰痛は、腰の骨(腰椎:ようつい)がゆがむことで生じます。

腰の骨を整えれば腰痛は解消されますが、それだけでは遅かれ早かれ腰痛がぶり返します。

 

そもそも、なぜ腰の骨がゆがんだのでしょうか?

何もなくて腰の骨がゆがむわけはありませんよね。

腰の骨がゆがむに至った、何らかの理由が必ずあります。

 

その理由を突き止めて解除しなければ、また腰の骨はゆがむー腰痛がぶり返すことでしょう。

 

身体のゆがみが深く複雑な場合、隠されていたゆがみが表面化しながら身体が整ってゆくことは、あります。

身体が根本的に整うために、一時的な軽いぶり返しを伴うものです。

症状がぶり返すごとに身体は落ち着き、腰痛も軽くなってゆきます。

 

ところが、腰痛のぶり返しが繰り返されて、一向に症状が変化しない場合。

腰の骨がゆがんだ理由を解除していないことが考えられます。

 

腰のゆがみだけを整えていると、腰痛がぶり返されてしまうのです。

 

では、腰の骨がゆがむ理由は何でしょうか?

 

身体のどこかにコリやゆがみが生じて、腰に負担をかけ続けた結果、腰がゆがんでしまうのです。

ですから、身体のどこかに生じたコリやゆがみを取り去る必要があります。

 

あなたも、腰痛体型ですか?

 

「腰痛体型」と私が読んでいる姿勢があります。

仰向けに寝ていただき、足首を見れば一目でわかります。

足首の親指側が頭の方向に引き寄せられ、小指側が頭と反対側に押し出されているような形。

 

腰痛持ちの人は、みんな足首がこんな形をしている、と言えます(事故や先天的な問題以外)

 

どうして足首がこんな格好になるのでしょうか?

 

答えは「すね外側の骨が足首側にずれるから」です。

 

すね外側の骨がずれているかどうか確認するには、外くるぶしの下側を指先で軽く押す。

痛みや違和感があれば、すね外側の骨が下がっていることになります。

 

すね外側の骨は腓骨(ひこつ)と呼ばれ、脚の補助的な働きをします。

ところが、この骨は足首側にずれやすいんです。

 

腓骨が下にずれることで、脚外側が下に引っ張られ、脚とつながっている腰の骨が引っ張られ、腰がゆがむ。

腰痛の原因になるというわけです。

 

横浜市港北区妙蓮寺整体腰痛はすね外側のコリを取る例えばつま先立ち。

つま先立ちになると、足首を補助するために腓骨は下がります。

 

実は、つま先立ちは女性のファッションと関係が深い。

かかとの高い靴が、そうです。

 

かかとの高い靴をはいていると、つま先立ちをずっとしていることになります。

腓骨は下がり続け、その状態が固定されてしまうわけです。

 

他にも、靴の幅狭や足指のずれ、ねんざ等足首周辺の詰まりで、腓骨は下がります。

足首周辺の詰まりを解消するとともに、腓骨を上に上げれば腰の骨は元に戻ります。

 

では、腓骨を上にあげるためには?

腓骨が下がっていると、脚外側にコリや詰まりが生じます。

このコリや詰まりを解除すればいいわけです。

 

コリや詰まりは多くの場合、関節部に生じます。

経験上、腓骨が下がっている場合は、関節より脚外側の途中にコリや詰まりが多く見られます。

 

ふくらはぎやふともも、骨盤の横周辺を触ると、明らかに硬くなっている場所があります。

この場所に指先を置いて、反応する部位にも指先を置きます。

指先はあくまでも置くだけです。けして押し付けてはなりません。

 

そのまま指先を置いていると、指先の感覚が変わってきます。

指先の感覚が変われば、コリや詰まりはなくなっていることでしょう。

 

また、頭にコリがあると身体の中央部を引っ張り上げ、腰痛体型になります。

頭のコリを解除すれば身体は落ち着き、身体の中央部は元の位置に戻ります。

 

すね外側のコリを取って腰痛がなくなった施術例

 

『何とか腰痛を治して、これからも主人とダンスを楽しみたいんです』

 

着替えた後、T様はキリッとした神妙な表情でおっしゃいました。

 

ご主人とペアを組み、競技ダンスを始められて10年目。

これまでひざや足首を痛めたことはありましたが、この数か月は腰痛に悩まされてきました。

特に左腰が痛く、左のお尻まで痛みが広がっています。

 

『腰が痛くて痛くて、ダンスどころか普通の生活もままならなくって』

 

行きつけの接骨院もマッサージもいろいろ試したけど、一向に痛みはなくならない。

ネット検索で仁龍堂を見つけられ、会社を休んで来院されました。

 

仰向けに寝ていただくと、やはり例の足首の格好です。

外くるぶしの下を指先で押すと『痛い痛い、痛いです』

足指を軽くつまみ、左右にひねると『鈍い痛みがあります』

 

「ねんざしたことはありますか?もしくはかかとの高い靴や幅が狭い靴をはくとか」

 

『どちらもあります・・・昔陸上の選手でしたし、仕事ではくビジネスシューズは幅が狭いです』

 

身体を調べると、左足首と左ひざ、左そけい部にコリがあります。

上半身は左ひじと手首、肩など腕全体にコリが。

 

腰は身体の中央部にあるので、上半身ー腕からの影響も受けます。

左腕のゆがみが腕の動きに左右差を生じさせ、腰に不具合を与えることは良くあること。

 

まずは上半身のゆがみを取ります。

ひじや肩、手首のコリを取り、肩と対応させて腕のゆがみを解消させました。

 

「ここまでで、腕や肩の感じはどうですか?」

 

『最初よりも軽い感じがします』

 

その後、下半身の調整です。

ふくらはぎや太もも外側を調べると、やはりあちこちにコリが。

 

さて、コリをどこから取るか・・・。

身体を精密に検査します。

 

もつれた糸をほどくのと同じで、コリを取れば良いってわけにはいきません。横浜市港北区妙蓮寺整体腰痛はすね外側のコリを取る2

出来る限り短時間で全てのコリをほどくには、コリを取る順番があります。

 

このお客様の場合、「ボス」はすね外側「副ボス」は足首のコリでした。

「副ボス」は、ボスを取った後に浮き出てくるボスのこと。

どちらも、脚全体にゆがみを生じさせ、腓骨を下げていました。

 

さて、次は頭のコリです。

右の後頭部付け根に大きなコリがありました。

 

他には右側頭部の硬さ。

どちらも対応させてコリを取っておきました。

 

「Tさん、上体を起こしてください。立てますか?」

 

『はい・・・ああ、身体が軽い!』

 

「腰をゆっくりと動かしてみてください」

 

『・・・うん・・・ほんの少し残っていますけど、ほとんど気にならないです』

 

「じゃあ、このイスに座ってください」

 

骨盤と仙骨のゆがみを整え、尾骨と仙骨、そけい部を対応させて整えました。

 

「さ、これでどうですか?」

 

『ああ、さらに腰が楽になりました。もう違和感もなくなりました』

 

やれ一安心です。

 

T様はセルフケアも教えてほしいとのことで、腰のセルフケア2種と靴の選び方をお教えしました。

 

脚外側のコリがいかにして腰痛の原因になるか?

そして、頭のコリや硬さが、どれだけ身体に負担をかけているか?

腰痛だけでなく身体の不調に悩まされている方に、お伝えしたいものです。

 

メニュー・料金

駅からの道のり

院長プロフィール

よくあるご質問

ご予約前に必ずお読み下さい:整体の前後のお願い

ご予約状況

ご予約お問合せ

完全無痛整体の部位別施術例

トップページ

関連記事