横浜市港北区菊名徒歩5分の完全無痛整体。あなたの肩こりや首こり、首が痛い・重苦しい痛み、腰痛等がまったく痛くない施術で根本的に楽になります。

駅からのアクセスお車でのアクセス

腰痛は仙骨のゆがみ

仙骨の上には腰椎が乗っています。仙骨がゆがめば腰がゆがむのは、ある意味当然

電話:080-5312-9332:毎日9時~21時受付│ご予約お問合せメールフォーム:PC携帯スマホ対応:24時間受付

 

腰の骨は仙骨の上に乗っています。

仙骨がゆがめば、腰の骨がゆがむのは当然です。

施術例と合わせてお読み下さい。

 

腰痛は腰だけが悪いと思っているあなたへ

 

腰痛でお困りの方は、実に多いものです。

腰痛とは一生付き合ってゆくものだ、と思っておられる方も、少なくありません。

 

やはり、これまで様々な治療を受けたけど、症状が緩和しなかった方に多いですね。

肩こりや股関節痛で見えたお客様が「実は腰も痛いんです」とおっしゃる方がおられるのは、その証拠でしょう。

 

横浜市港北区整体腰痛は仙骨ゆがみ腰痛の身体を観察すると、当然ですが腰の骨(腰椎)がゆがんでいることが多い。

直立起立筋と呼ばれる、腰のすぐそばを通る筋肉が分厚く硬くなっていることも。

 

ところが、です。

腰痛だからといって、腰の骨や筋肉だけがゆがみ、硬くなっているのは意外と少ないもの。

身体は、それぞれの場所はお互いにつながり、相互に影響しあっているからです。

 

例えば、身体の一部Aの変化は、瞬時に、最初はAと関係の深い場所につたわり、次に全身に影響を与えます。

その影響はAにフィードバックされて、Aはさらに変容してゆくのです。

 

Aに痛みや違和感等症状が出ているなら、Aに影響を与えている場所を整える必要があります。

Aに影響を与えている場所を見出すことは、しばしば整体師に集中力と繊細さを求めるのです。

 

以上の点を踏まえた上で、今回は腰痛の原因の1つである、仙骨のゆがみについて説明いたします。

 

仙骨のゆがみはどのように生じるのか?

 

仙骨は腰のすぐ下にあるので、腰に影響をダイレクトに与えます。

 

仙骨の上に直接腰の骨が乗り、腰の骨は背骨につながり、首の骨へと続いてゆきます。

つまり、仙骨のゆがみは、腰や背骨、首へと伝わる。

 

仙骨のゆがみは、全身のゆがみを引き起こすのです。

 

仙骨は左右から骨盤にはさまれるように、骨盤の中央に位置します。

つまり、骨盤の動きが仙骨に影響を与えます。

 

骨盤の動きは主に下半身から影響を受けます。

脚の動きーもちろん膝や足首、かかとの動きも含むーが主な影響です。

 

そして、実は上半身からの影響もかなりあります。

上半身の動きは、腕はもちろん肩やひじ、鎖骨、手首など。

これらの動きから、骨盤は影響を受けるのです。

 

事実、腕や指をゆるめて腰痛がなくなったお客様はたくさんいらっしゃいます。

 

仙骨のゆがみは、仙腸靭帯付近のゆがみとして現れることが多いようです。

つまり、腰痛でお悩みのお客様の多くに、仙腸靭帯部のゆがみがある。

 

仙骨は骨盤と仙腸関節で結合していますが、それは仙骨の上部にあります。

仙腸靭帯は仙腸関節の下にある、仙骨と腸骨(骨盤)をひとつにまとめるため補強する靭帯です。

 

検査方法は、お尻の中央部ー左右2つありますがーを指先でなでるとはっきりわかります。

ゆがみがある場合、硬いような詰まっているような、指先が引っかかるような、そんな感覚を覚えます。

 

腰痛があって、骨盤周辺にコリがある場合、仙骨のゆがみを疑います。

上記の検査を行い、仙腸関節や仙腸靭帯部にコリや硬さがあれば、対応点を探して整えればいいのです。

 

対応点は多くの場合、尾骨や骨盤周辺、腰椎にあります。

仙腸関節や仙腸靭帯に指先を乗せ、対応点に指先を乗せてしばしそのまま。

十数秒で仙骨のゆがみは落ち着いてくることでしょう。

 

尾骨のゆがみを取って仙骨を整え、腰痛が解消した施術例

 

しつこい腰痛に悩まされていた、横浜市港北区にお住まいの40代女性G様。

学生のころからバレエを学び、発表会にも数多く出ていたそうです。

 

そんなG様が、重苦しい腰痛に悩まされるようになり、10年以上たつそうです。

 

『学生のころから腰痛はありましたが、最近は生理前になると起きられなくて』

 

「腰痛は生理前だけですか?」

 

『いえ、腰はずっと重苦しいんですが、生理前になると特に腰の奥が重苦しくなるんです』

 

横浜市港北区整体腰痛は仙骨のゆがみを整えるバレエと腰痛と言えば、腰や仙骨のゆがみが考えられます。

バレエではいくつかの基本姿勢がありますが、代表的なものにターンアウト(アンディオール)という姿勢があります。

ターンアウト(アンディオール)を一言でいえば、脚を180度開く姿勢です。

 

本来、股関節は左右合わせて90度程度しか開かないものですが、ターンアウトは180度開くことが求められます。

いきおい、股関節や骨盤、ひいては仙骨に支障が出るのも無理はありません。

 

そして、生理前で腰痛がひどくなるのは、腰と骨盤の動きが関係していることを示唆します。

生理前後の骨盤は開いたり閉じたりするからです。

 

身体を調べると、右足首とひざ、そけい部にゆがみがありました。

足首とひざ、そけい部にあるコリを取り、それぞれ対応させて整えます。

 

足首は足の指、ひざは腰と対応していましたが、そけい部が今一つ落ち着かない。

これはそけい部の裏側、仙骨のゆがみかな・・・。

 

「ではGさん、右を上にして横向きに寝てください」

 

横向きになったG様の後ろに回り、仙骨の縁ー仙腸関節や仙腸靭帯を指先でなぞります。

指先が引っかかるような、詰まっている感じ・・・やはり仙骨のゆがみがあるようです。

 

「ここはどんな感じです?」指先で仙腸靭帯付近を軽く押します。

 

『あたた、痛いです!』

 

「ごめんなさい、仙骨がゆがんでいるみたいですね」

 

『はあ・・・』

 

仙腸靭帯に指先を置き、対応点を探します。

尾骨と骨盤左端が対応しています。

 

まず尾骨と仙腸靭帯を対応させ、次に骨盤の左端に対応させます。

さて仙腸靭帯は・・・少しずつ、でも確実にゆるんできました。

 

「さあ、今度はどうですか?」指先で同じ場所をクリクリクリッ。

 

『あれ?痛みはないです。さっきと同じ場所ですか?』

 

「同じ場所ですよ、では仰向けの姿勢に戻ってください」

 

後は腰の骨に残ったゆがみを取り、微調整しておしまいです。

 

「Gさん、ゆっくりと起き上がってください。腰の感じはどうですか?」

 

『・・・腰がずいぶん軽くなりました。良かった~』

 

「腰の奥の感じはどうです?」

 

『大丈夫です、ぐっと楽になりました』

 

ちなみに、仙骨は子宮や卵巣と関連が深いもの。

腰痛でお見えになったお客様で『生理痛が無くなりました』とおっしゃる方は意外と多いです。

G様も腰痛だけでなく、生理痛も落ち着くことを期待します。

 

メニュー・料金

駅からの道のり

院長プロフィール

よくあるご質問

ご予約前に必ずお読み下さい:整体の前後のお願い

ご予約状況

ご予約お問合せ

完全無痛整体の部位別施術例

トップページ

関連記事