横浜市港北区菊名徒歩5分の完全無痛整体。あなたの肩こりや首こり、首が痛い・重苦しい痛み、腰痛等がまったく痛くない施術で根本的に楽になります。

駅からのアクセスお車でのアクセス

腰痛の双子ーひざと足首

腰とひざ、足首は深い関わりがあります。腰痛を根本的に整えるにはひざや足首の調整を。

電話:080-5312-9332:毎日9時~21時受付│ご予約お問合せメールフォーム:PC携帯スマホ対応:24時間受付

 

腰痛はひざと足首のゆがみが引き起こすことがあります。

腰痛の施術例と合わせてお読み下さい。

 

腰はなぜゆがむのか?

 

『腰痛で整骨院や鍼灸院で治療を受けましたが、すぐぶり返してしまうんです』

 

『腰痛で整体に行ったら腰をグリグリ強く押されて、痛くて冷や汗が出ました』

 

仁龍堂を訪れる方で、このような声を漏らす方は、実は少なくありません。

腰痛は、腰だけが悪いと思っている治療家は少なくないのでしょうか。

 

横浜市港北区妙蓮寺整体腰痛はひざと足首を整える確かに、腰痛は腰の骨がゆがんでいるために違和感や痛みが生じるものです。

腰痛を整えるには、ゆがんだ腰の骨を整える必要は、当然あります。

 

ですが、なぜ腰がゆがんだのでしょうか?

腰がゆがむには、何らかの理由があるはずです。

 

たとえば。

交通事故に遭い、急激に身体に負担がかかり、腰がゆがんだ場合もあるでしょう。

ただこの場合は、原因がはっきりしていますし、本人や周りの自覚もあります。

 

ところが。

一般的な腰痛は、長年の生活習慣や、身体の理に反する姿勢動作の結果。

腰に少しずつ蓄積されたゆがみが、ある日許容範囲を超え、腰に痛みを感じさせるのです。

 

では。

なぜ、腰に少しづつゆがみがたまってゆくのか?

 

腰が、腰以外の場所から負担をかけられているからです。

 

負担をかけている場所は、コリやゆがみがあります。

腰に負担をかけている場所を整えれば、腰への負担がなくなります。

腰への負担がなくなれば、自己治癒力と回復力で、腰は自然と元へ戻るのです。

 

腰に負担をかける場所は、身体内どこにでも生じますが、特に、腰と関係の深い場所があります。

それが、今回ご紹介する「ひざと足首」です。

 

腰とひざ、足首はいかにして影響しあっているか?

 

特に、腰はひざと深い関係があります。

「腰が悪い人はひざが悪い、ひざが悪い人は腰が悪い」とさえ言えるでしょう。

 

それは、人間が立って生活していることと深く関わりがあります。

 

例えば、腰もひざもまっすぐの状態で立っているのをイメージして下さい。

そして、その人の腰が曲がったとします。

 

当然ですが、上半身は腰から曲がり、前のめりになります。

前のめりのまま立っている事は非常につらいので、身体はある対応をして「結果的にまっすぐ」になろうとします。

 

横浜市港北区妙蓮寺整体腰痛はひざと足首のゆがみを整えるある対応とは、ひざを曲げることです。

 

腰が曲がっている人は、ひざも曲がっていることが多いですね。

文章を読むだけではわかりにくいと思うので、よろしければ一度ご自分で試して下さいね。

 

お気づきの方も多いと思いますが、腰は曲がるだけではありません。

曲がるのと反対方向、反ることがあります。

 

身体がまっすぐな状態で腰が反れば、上半身は後ろにそっくり返ってしまいます。

これまた不安定な姿勢なので、身体はひざを反らして「結果的にまっすぐ」に対応します。

 

女性は腰が反っている人が多いですね。

ですから、ひざが反っている女性が多いです。

 

このように、腰痛を根本的に整える場合、腰とひざをセットで考えざるを得ません。

腰とひざは別々のものに見えますが、一体であると言うことです。

 

また、ひざは腰と足首にはさまれています。

腰はひざとともに、足首からも影響を受けます。

 

足指にゆがみがあると、そのゆがみを補うために足甲や足首がゆがみます。

足甲や足首がゆがむと、そのゆがみを補うためにひざがゆがむ。

下半身に「ゆがみの連鎖」が生じて、ゆがみがどんどん広がってゆくのです。

 

このように、腰を根本的に整えるためには、ひざや足首を整える必要があります。

3回の施術で整体を卒業されたW様の施術が、上記の内容を説明するのに適当と思われますのでご紹介いたします。

 

ひざと足首を整えて頑固な腰痛が解消したW様の施術例

 

W様が腰痛に悩まされるようになったのは、およそ10年以上前のこと。

お仕事は貿易会社の総務で、一日中文書を作っておられるそうです。

 

『トイレと食事に行く以外は、パソコンの前で一日中キーボードを叩いています』

 

職場の机やイス、パソコンのディスプレイの高さが身体にあっていないのでしょうか。

パソコン作業で肩がこり、肩から腰に負担がかかったのか。

とにかく、身体を調べてみましょう。

 

腰はもちろんひざから流れが生じています。

流れが出ている場所は、多くの場合コリや硬く詰まっている。

「この場所を整えるべし」というわけです。

 

ひざ周辺を検査すると、ひざ裏に分厚いコリがあります。

そして、1本の筋のようなものがひざから出て、腰とふくらはぎに向かって流れている。

ひざのコリで、筋肉や靭帯が硬くなったものと思われます。

 

「Wさん、これまでひざが痛くなったことはありますか?」

 

『高校生の頃、バレーボール部でした。その時は時々ひざが痛くなりましたが、バレーボールを辞めるとなくなりました』

 

やはり、ひざにゆがみがありそうですね。

 

ひざ裏のコリを取り去り、対応点を探します。

ひざ裏は骨盤とくるぶし、特に内くるぶしに対応していました。

 

「ここは痛みや違和感はありませんか?」指先で内くるぶし周辺を軽く押します。

 

『ああ、少し痛みます』

 

内くるぶし周辺を調べると、今度は足指から流れが出ている。

 

「Wさん、今度は指を軽くねじるので、違和感が一番強い指を教えてください」

 

足指の第一関節を軽くつまみ、小指から調べてゆきます。

小指・・・薬指・・・中指・・・人差し指・・・親指

 

『親指と、小指が嫌な感じです』

 

これは、靴の負担が考えられます。

女性の靴ー特にフォーマルなものーは、幅が狭く先端が三角形で、指先を左右から押さえつける構造です。

足指に負担がかかるのも無理はありません。

 

また、ヒールも高くなるとつま先重心になり、足指つけ根が硬くなります。

 

親指と小指をそれぞれ第一関節と第二関節をつまみ、整えます。

 

「これでいかがですか?」再度親指と小指を軽くねじります。

 

『あれ?痛くありません、大丈夫です。不思議ですね』

 

親指と小指をそれぞれ内くるぶしと対応させて整えます。

 

「さて、くるぶしはいかがですか?」内くるぶしを軽く押します。

 

『はい、痛みはなくなりました。押されているだけの感じです』

 

この後、内くるぶしや親指、小指をひざ裏と対応させます。

ひざ裏は、足指を整えた段階でかなり落ち着いていましたが、さらにフンワリと柔らかくなりました。

 

再度、腰周辺を調べます。

骨盤の真ん中あたりと下側、坐骨あたりにコリがあります。

 

骨盤の真ん中に手を当て、ひざ裏や内くるぶし、親指、小指と対応させて骨盤を整えます。

 

『先生・・・』

 

「はい?どうかなさいましたか?どこか痛むとか」

 

『腰痛がほとんど気にならなくなってきました。腰には全然触っていないのに、どうしてですか?』

 

「腰そのものは、あまりゆがんでいなかったということですよ。では、ゆっくりと起き上がってください」

 

『・・・ふう~、全身の力が抜けてリラックスしました』

 

「ゆっくり軽く足踏みをしてください。肩をゆっくり回して・・・腰はいかがですか?」

 

W様は腰に両手を当てて、ゆっくり左右に回します。

 

『・・・やっぱり大丈夫です、痛みはほとんどありません。ずいぶん軽くなりました』

 

W様には、職場の机やイスの高さを調整するようお伝えしました。

そして、靴の見直しも。

 

真剣なまなざしで私の説明に耳を傾けておられたW様は、その後3回の施術で腰痛がすっかり楽になりました。

今では、毎月1回のメンテナンスに通われています。

もうメンテナンスも必要ないと思うので、来月に卒業していただく予定です。

 

メニュー・料金

駅からの道のり

院長プロフィール

よくあるご質問

ご予約前に必ずお読み下さい:整体の前後のお願い

ご予約状況

ご予約お問合せ

完全無痛整体の部位別施術例

トップページ

関連記事