横浜市港北区菊名徒歩5分の完全無痛整体。あなたの肩こりや首こり、首が痛い・重苦しい痛み、腰痛等がまったく痛くない施術で根本的に楽になります。

駅からのアクセスお車でのアクセス

腰痛やひざ痛にかかとが関係している理由

かかとのゆがみや詰まりは、ふくらはぎやひざ、そけい部など下半身全体に負担をかけます。

電話:080-5312-9332:毎日9時~21時受付│ご予約お問合せメールフォーム:PC携帯スマホ対応:24時間受付

 

かかとは身体の基礎であり、重要な骨格です。

かかとを整えて、そけい部の突っ張りがなくなった施術例と合わせてお読みください。

 

かかとは身体の最下部にある、ということは・・・?

 

ご存じのように、かかとは足首のすぐ近くにあります。

以前別の記事でご説明したように、足首は大変重要な場所です。

 

足首のすぐ近くにあるかかとも、身体にとって重要な場所と言えます。

かかとは、身体の根本治療において重要な場所ですが、結構見落とされているようです・・・。

 

かかとは脚の裏側にあります。

そのため、脚の裏側から影響を受け、同時に脚の裏側に影響を与えます。

(ここでは、脚=足首からそけい部までの間、としています)

 

かかとは特に、ふくらはぎやひざ裏、骨盤など影響を与えます。

腰痛やそけい部、ひざ痛でお悩みの方は、かかとに詰まりやゆがみがある場合が多い。

 

骨盤は内側にも外側にもたくさんの靱帯がつながり、骨盤を安定させるとともに守っています。

かかとは、これらの靱帯に影響を与えているのでは、と考えます。

 

そして、かかとの詰まりやゆがみは、上半身にも負担をかけます。

背中の痛みでお悩みの方の、かかとを整えるだけでぐっと楽にあったケースもあります。

かかとは身体の裏側を支配する、と言えなくもありません。

 

このように重要なかかとについて、検査法と完全無痛による調整法をご紹介します。

 

かかとの検査法と完全無痛による調整法

 

かかとの検査は、主に3方向を検査すればよろしい。

かかとの内側(親指側)と外側(小指側)、後ろ側ですね。

これらを指先で軽く押して、痛みや違和感を生じるなら、その場所がゆがんでいることになります。

 

横浜市港北区整体腰痛ひざ痛はかかとのゆがみ他には、かかとの後ろ、上側も検査してください。

ここは、アキレス腱との接続部です。

 

ここに詰まりゆがみがあると、上記で述べた様に身体の裏側に負担がかかっている。

特にふくらはぎやひざ裏、背中など。

 

女性はヒールの高い靴を履く機会が多いので、ふくらはぎが縮んでいます。

しゃがんでかかとが床につかなければ、ふくらはぎが縮んでいますよ。

 

ふくらはぎそのものをアレコレいじっても、なかなかふくらはぎはゆるみません。

アキレス腱付近の詰まりをほどくだけで、ふくらはぎはゆるんできます。

 

では次に、かかとの調整方法。

もっともシンプルな方法は、手のひらでかかとを包んでしばらくそのまま。

 

かかとを包んだ手のひらにある感覚が落ち着くまで行ってください。

「かかとが満足するまで」と言えるでしょう。

 

要するに、かかとに愉気をするわけです。

かかとを包む手は、かかとの形に沿って包んだことをおすすめします。

脚の延長線上に、自分の腕が来るようにすること。

 

自分の親指と小指をくるぶしに当てるように、手のひらでかかとを包むのです。

この方が、お客様の身体は楽なはずですからね。

 

次は、かかと及びかかとに負担をかけている場所を整える方法です。

 

まず、かかとにある痛みや硬さがある場所に指先を置き、身体の表面に生じている「流れ」を読み取ります。

 

流れの上流を追いかけ、対応する場所に指先を置いてしばらくそのまま。

かかと及びかかとに負担をかけている場所が同時に整います。

 

対応する場所は多くの場合、ひざやそけい部、腰、鎖骨にあります。

場所は個々によって全く異なるので、慎重に流れを読んでください。

 

右かかとやくるぶしを整えて、そけい部の突っ張りが楽になったケースをご紹介いたします。

 

かかと周辺を整えてそけい部が楽になった施術例

 

I様は、横浜市港北区在住の40代女性。

ご主人と中学2年生のお嬢様、小学6年生の息子様の4人家族です。

平日はパート職員、休日は学生の頃から続けているテニスを楽しまれています。

 

I様の右そけい部が痛くなってきたのは、大学卒業後社会人になった頃から。

 

『とにかく、いつも右そけい部が突っ張ったり、うずいたりするんです。』

 

「いつ頃から、その症状は出てきましたか?」

 

『社会人になって半年くらいたった頃かな・・・よく覚えていません』

 

横浜市港北区整体腰痛ひざ痛はかかとのゆがみを整える症状が出始めた時期を確認するのは、その頃身体を痛めたかどうか?を思い出していただくため。

もし、ケガ等身体に負担がかかったことがあれば、古傷が生じている可能性があります。

その場合、古傷をほどいて身体のダメージを解除すれば、身体はぐっと整いますからね。

 

I様のように思い出せない方の方が圧倒的に多いものです。

その場合は、身体の流れを読み取り古傷(もしあれば)やコリ、硬い部分を整える必要があります。

 

身体を調べると、右上半身が硬い。

右ひじや手首が詰まり、前腕も上腕も硬い。

テニスを長年なさっているから、ある意味当然ですね。

 

右手の指や手首、ひじの詰まりを取り、腕をゆるめます。

肩や鎖骨、わき腹を整えると、上半身がぐっと落ち着きました。

 

上半身の硬さや詰まりがそけい部に負担をかけていれば、これでそけい部が楽になるはずですが・・・。

 

『最初より楽になりましたが、まだ突っ張っています』

 

再度、身体を調べると、今度は下半身から流れが生じています。

右上半身を整えたので身体バランスが変化して、隠れていたコリが浮き出てきたのでしょう。

 

流れは右足首の下から生じています。

右足首付近を指先で軽く押すと、かかとを軽く押したら『あたた、痛いです』

 

特に、かかとの外側が硬く詰まっています。

外くるぶしが下がっていますね。

外くるぶしが下がると、結果的に腰や骨盤がゆがんでしまうのです。

 

かかと周辺を調べると、ひざ下、ふくらはぎ上部と対応しています。

かかとを右手で包むように持ち、左手を右ひざ下に差し入れてひざを包むように持ちます。

 

「どんな感じですか?温かいとか、気持ち良いとか」

 

『ええ、温かくて気持ちいいです・・・』

 

「では、気持ちよい感じが落ち着いてきたら教えてください」

 

あとは、身体が(この場合はひざ、かかと)が満足するまで、手当を続けることです。

 

『先生・・・』

 

「はい?気持ち良い感じは落ち着きましたか?」

 

『脚の力が抜けてきて、脚が少し伸びた感じです』

 

「要するに、脚が縮んでいたんですね」

 

『頭の先まで気持ち良さが来ています・・・』

 

I様はウットリ目を閉じて、本当に気持ち良さそうです。

5分程度手当をすると『落ち着きました』とI様はおっしゃいました。

かかとやひざ裏を調べると、コリも硬さもなくなっています。

 

最後に、骨盤周辺に残っていたコリをとっておしまいです。

 

「Iさん、そけい部は今どんな感じですか?」そけい部を軽く指先で押します。

 

『痛くありません。ちょっと立ってもいいですか?』

 

I様はゆっくり起きあがり、腰に手を当てて腰をぐるぐる回します。

 

『ああ~痛くないです。この動きをするとそけい部が痛くなったんですよ』

 

やれ一安心です。

 

かかとのコリやゆがみ、詰まりは下半身に負担をかけます。

足首同様、かかとを整えることが、根本治療への近道なのです。

 

なお、参考記事として「足首が痛い・重苦しい=身体の基本土台の危機」もご覧ください。

 

ご予約状況

ご予約お問合せ

 

メニュー・料金

駅からの道のり

院長プロフィール

よくあるご質問

ご予約前に必ずお読み下さい:整体の前後のお願い

完全無痛整体の部位別施術例

トップページ

関連記事