横浜市港北区菊名徒歩5分の完全無痛整体。あなたの肩こりや首こり、首が痛い・重苦しい痛み、腰痛等がまったく痛くない施術で根本的に楽になります。

駅からのアクセスお車でのアクセス

腰痛は骨盤のゆがみ

腰痛の原因は、骨盤の3種類のゆがみ。骨盤の検査法と調整法を特別にご紹介します。

電話:080-5312-9332:毎日9時~21時受付│ご予約お問合せメールフォーム:PC携帯スマホ対応:24時間受付

 

腰痛は骨盤の状態に左右されます。

骨盤の検査法と調整法のご紹介です。

 

骨盤のゆがみが腰痛の原因

 

骨盤は腸骨と仙骨、尾骨という3つの骨でできています。

仙骨を真ん中にはさむように腸骨が左右からくっつき、仙骨の下に尾骨がぶら下がっている。

 

そして、仙骨の上には腰の骨が乗っています。

骨盤がゆがめば仙骨がゆがみ、仙骨の上にある腰もゆがみ、腰痛の症状が出てくるわけです。

 

腰痛は、骨盤のゆがみの結果が症状で出てきやすい。

腰痛のある人は、骨盤のゆがみを疑った方がいいわけです。

 

ところが、骨盤は直接動かしにくい骨格。

たくさんの靭帯や筋肉で、しっかり固められているからです。

後で説明する、同響法による調整がやりやすいです。

 

骨盤のゆがみの種類

 

骨盤のゆがみは大きく分けて3種類あります。

(1)上下傾き(2)左右回旋(3)左右ねじれ

 

(1)上下傾きは、骨盤が水平ではなく傾いていること。

骨盤の右側が左側より高い・またはその逆。

 

骨盤の上下傾きがあると、片足が短くなります。

短い足の方に重心がかかり、負担が強まり症状が出てきます。

骨盤の右側が上にずれると右足が短くなり、腰の右側や右ひざ、右足首に症状が出るわけです。

 

骨盤の上下傾きは、足首や股関節、ひざの状態に影響されます。

骨盤を整えるだけでなく、足首や股関節の調整も必要になります。

 

横浜市港北区妙蓮寺整体腰痛は骨盤の3つのゆがみを整える(2)左右回旋は、骨盤が右または左にねじれていること。

テニスやゴルフなど腰をねじるスポーツは、利き腕側に腰がねじれていることが多いです。

 

例えば、右利きの人がテニスでフォアハンドを打つ場合、ボールを打つ前に腰を右側にねじります。

もちろん、骨盤も右にねじれることになります。

 

ボールを打つ前は、全身に力を貯め込んでいます。

その力みが、骨盤のゆがみを定着させてしまうのです。

 

一方、フォアハンドを打った後は、身体が左にねじれます。

この時は、全身の力が(ある程度)抜けているので、ねじれが身体に残りにくい。

 

また、レジ作業や受付で端末を使うお仕事をなさっていると、上半身をねじって作業することになります。

当然、骨盤もねじれてしまうわけです。

 

(3)左右ねじれは、骨盤の構造を思い出してもらえれば理解しやすいでしょう。

初めに「骨盤は腸骨が仙骨を左右からはさむようにできている」と書きました。

ということは、骨盤の右側と左側が異なる動きをする場合があるわけです。

 

腸骨の右側が前に傾き、左側が後ろに傾くことがあります。

もちろんその逆の場合もあります。

これを「左右ねじれ」と呼んでいます。

 

骨盤のゆがみを整える場合、上記の3パターンのねじれを考慮する必要があります。

 

骨盤の検査法と調整方法(同響法)

 

骨盤のゆがみの検査方法と調整方法を紹介します。

検査ポイントは、2つです。

上前腸骨棘と股関節の内側。

 

上前腸骨棘(じょうぜんちょうこつきょく)なんて呼び名は覚えなくていいので、場所を覚えてください。

検査される人に上向きに寝てもらい、検査する人は、ひざの上に手を当てて上に向かって手を滑らせます。

 

腰の両端に、ポコっと飛び出ている場所で、手のひらが止まるでしょう。

そこが上前腸骨棘です。

 

股関節の内側は、そけい部に指先を当てて中心に向かって指を滑らせます。

指先に硬い筋のようなものが当たりますが、それは靭帯です。

もう少し内側が、検査ポイントになります。

 

それでは、骨盤の検査と調整方法をご紹介いたします。

 

(1)の検査

 

上前腸骨棘の下側に指先を軽く当て、左右を比べます。

位置が水平ならOKですが、どちらかが下がっていることが多い。

 

(2)の検査

 

上前腸骨棘の中央に手を当て、足元から左右の高さを見比べます。

視線を低くすると違いがわかりやすいです。

 

上前腸骨棘が高く(天井に近づいている)なっている方と逆に、骨盤がねじれている。

左の上前腸骨棘が高くなっている場合、骨盤が右にねじれています。

 

(3)の検査

 

股関節の内側に両手親指の先を軽く当て、軽く押します。横浜市港北区妙蓮寺整体腰痛は骨盤の3種類のゆがみを整える

検査される人が、押された感じに左右差を感じれば、骨盤が左右にねじれています。

 

股関節の内側を押したとき、強く感じる方の骨盤が、後ろに倒れています。

その反対の骨盤は、前に倒れている。

 

検査の次は、調整法です。

最初にお伝えしたように、同響法での調整をご説明します。

 

(1)の調整

 

調整される人の、両手の小指と薬指の間を、指先でこすります。

こする方向が重要です。

 

骨盤が上がっている方の、小指と薬指の間を指先で手首に向かってこすります。

反対側は、小指と薬指の間を指先に向かってこする。

そのまま30秒程度、静かにしてもらいます。

 

(2)の調整

 

調整される人の「小指と薬指の間手首寄り」を、それぞれ指先でこすります。

骨盤のねじれを修正する方向にこする。

 

例えば、左の上前腸骨棘が高くなっている場合。

右手と左手の「小指と薬指の間手首寄り」を、左手は外側に向かって、右手は内側に向かってこする。

そのまま30秒程、度静かにしてもらいます。

 

(3)の調整

 

(1)同様、調整される人の両手の小指と薬指の間を指先でこすります。

親指で押された時に強く感じた方の、小指と薬指の間を指先に向かってこする。

 

反対側の手の小指と薬指の間を、手首側に向かってこする。

そのまま30秒程度静かにしてもらいます。

 

それぞれ再度検査をして、左右差がなくなればOK。

 

以上、骨盤のねじれと調整法について、ご説明しました。

腰痛の多くは、骨盤のねじれが整うだけで楽になるものです。

 

もちろん、骨盤を整えることですべての腰痛がなくなるわけではありません。

腰の骨そのもののゆがみや、骨盤が他から負担をかけられてゆがんでいる場合、その場所も整える必要があります。

 

ですが、腰痛の根本治療に骨盤の調整が不可欠であることは、間違いありません。

なかなか整わない・ぶり返す腰痛には、骨盤の調整が必要ですよ。

 

メニュー・料金

駅からの道のり

院長プロフィール

よくあるご質問

ご予約前に必ずお読み下さい:整体の前後のお願い

ご予約状況

ご予約お問合せ

完全無痛整体の部位別施術例

トップページ

関連記事