横浜市港北区菊名徒歩5分の完全無痛整体。あなたの肩こりや首こり、首が痛い・重苦しい痛み、腰痛等がまったく痛くない施術で根本的に楽になります。

駅からのアクセスお車でのアクセス

首がこる・重苦しい痛み・ストレートネック

首が痛いストレートネックは、肩や鎖骨、肩甲骨、腕を整えなければ治りません。

電話:080-5312-9332:毎日9時~21時受付│ご予約お問合せメールフォーム:PC携帯スマホ対応:24時間受付

 

首の痛み違和感でお困りのあなた、首だけを整えても治りませんよ。

肩や鎖骨、ろっ骨、腕など総合的に整えれば、首の違和感痛みは落ち着きます。

 

ストレートネックになる、本当の理由

 

首のつけ根の痛みや違和感で、こんな症状はありませんか?

 

「首の付け根が痛い・重苦しい」

 

「首が痛くて、天井を見れなくなった」

 

「首を回すと、バキバキ音がする」

 

「顔を洗う時、首のつけ根に激痛が走る」

 

ノートパソコンやケータイ、スマートフォンが普及して、首の症状を訴える人は多いですね。

 

ストレートネックについて説明するために、首の構造や姿勢との関係について触れます。

なぜストレートネックになるか?を知ることは、首の痛みや違和感の改善に役立ちますよ。

 

首は頚椎(けいつい)と言う骨が、ダルマ落としのように7つ重なっています。

そして、首は通常緩やかなカーブを描いています。

まっすぐだと、強い衝撃を受けた時に弱いので少し曲げた(神様が?)と、解剖学の本にはあります。

 

ストレートネックはその名の通り、首がまっすぐになってしまう。

厳密に言うと、つけ根から斜めに傾き、まっすぐになってしまうのです。

 

横浜市港北区整体首が痛いストレートネック

首がまっすぐになるだけなら、構わないかもしれませんね。

困ったことに、首全体がカチカチに硬くなってしまうんです。

 

なぜ首がまっすぐに、そしてカチカチになってしまうのか?

ケータイやスマートフォン、ノートパソコンの長時間使用で、ずっと斜め下を向いている結果です。

特に、ノートパソコンは首に負担がかかりやすいんです。

 

ノートパソコンは本体とキーボード、ディスプレイがくっついている。

ディスプレイは視線より下に来るので、斜め下を向き続けることになります。

 

頭を斜め下に向けた姿勢で、重たい頭を支えるには、首を固めて支えるしかありません。

 

頭は体重の8%~13%と言われています(個人差は大きいですが)

平均すると5キロから7キロ程度。

 

一番軽い5キロでも、ボウリングの球11ポンドの重さ、2リットルのペットボトル2本半。

結構重いですよね。

 

そんな重たい頭を支えるには、首をまっすぐにして支えるのが一番負担がない。

首がまっすぐなら、柔らかいままでいられます。

 

でも、斜め下を見て作業し続けてしまうと・・・。

首はなだらかなカーブがなくなり、ガチガチに固まってしまうのです。

 

ノートパソコンはあなたの首を二重に苦しめる

 

ノートパソコンでの作業は、首の2箇所に負担がかかるって、知っていますか?

斜め下を向く作業は、昔からやっていますよね。

 

机で文書を書く。

調理をする。

読書する。

 

ただし。

上記の作業と、ノートパソコンでの作業では、決定的に異なる点があります。

ノートパソコンの作業は、首を斜め前に倒し、さらに顔を上に持ち上げる姿勢になるんです。

 

ディスプレイが視線より下にあるので、首を斜め前に倒す。

ディスプレイの文字や画像を見るため、ディスプレイと顔が平行になるような姿勢ー顔を首のつけ根から持ち上げるーになるわけ。

 

つまり、首のつけ根と首の上部に、強い緊張がかかるんです。

 

机で文書を書いたり読書する時は、首を斜め前に倒すだけですから。

首の緊張は少ないわけで・・・。

恐るべし、ノートパソコン、というわけです。

 

首が痛いストレートネックになると、精神面に悪影響が出ます

 

なだらかに曲がっている首が真直ぐになると、首の骨と肩、全身とのバランスが崩れてしまう。

首の骨周辺に必要以上の力がかかり、違和感や痛みが生じる。

 

痛みだけならまだいいかもしれません。

首の両側には脳と全身をつなぐ血管や神経が通っています。

 

うつ傾向の強い方やイライラ・怒りっぽい、原因のない不安感や心配症の方は、みなさん首が硬い人が多い。

首が硬いと血液循環が悪くなり、脳へ栄養が十分行かなくなるからです。

 

逆に言えば、首が硬いと脳から全身への指令も届きにくくなるわけで・・・。

全身の不調と大きく関係してくるはずです。

 

ストレートネックをいかにして整えるか?

 

ストレートネックの調整は、首だけを整えても不十分です。

斜め下を向いている姿勢を続けていると、肩は前に突き出され、胸上部はつぶされて、ろっ骨は下に下がってくる。

つまり、肩や胸(ろっ骨)肩甲骨や鎖骨の調整も必要です。

 

横浜市港北区整体首痛いストレートネック

具体的には、肩が前にずれているのを元に戻します。

肩や腕のバランスを整えるため、鎖骨の調整もします。

下がったろっ骨も上に戻します。

 

肩や鎖骨は腕のゆがみに影響を受けます。

つまり、鎖骨や腕、ひじを整える必要があります。

 

首の骨のずれやねじれは下半身―骨盤のねじれとも関係があります。

首だけでなく骨盤や腰のねじれも解消させないと、整えた首が戻ってしまうことも多い。

 

上記のポイントを整えたうえで首を整え、自然なカーブを回復させます。

頚椎が左右にずれていたりねじれている事も多く、微調整が必要です。

 

『ほぼ全身じゃないですか・・・』ため息が聞こえてきそうです。

 

ある意味、その通りです。

ノートパソコンやスマートフォン、ケータイは長時間長期間使用しています。

ゆがみが全身に広がりやすいんです。

 

ゆがみの整い方は個人差が大きいです。

以下にご紹介する方のように、3回で調整が終わった方もおられました。

 

小学校5年生からの肩こりとストレートネックが、3回の施術で完了した施術例

 

10代半ばの高校生が、お母さんに付き添われてお見えになりました。

小学校高学年のころから肩こりで、毎日のようにお父様に肩をもんでもらっているとか。

首が斜め前に下がっているので、あごがのど元を隠すようになっていました。

 

初回は肩だけでなく、ろっ骨や腕、ひじなといろいろ調整をしました。

2回目は仙骨や骨盤のゆがみを整え、下半身のゆがみを解除。

首の左右のねじれを取って、手首のねじれを取って(テニス部だそうです)、ひざのゆがみを整えました。

 

1回目で肩こりがかなり楽になり、2回目で首の痛みもなくなり、3回目でほぼ終了です。

腰のゆがみが残っていたので、次回の予約をお勧めしましたが「様子を見て連絡します」とお帰りになりました。

 

その後、連絡はありません。

若いから調整が早かったのかな、と思っています。

 

当然ですが、誰もが3回の施術で首が痛いストレートネックが楽にはなりません。

 

首が整うペースは、身体のゆがみの程度や生活習慣に左右されます。

お仕事で1日中ノートパソコンを使われているなら、どうしても首に負担がかかります。

首のゆがみが整うまで時間がかかることが、大いに予想されます。

 

首が痛いストレートネックは、首に負担をかけている場所を整えれば、無理の効く身体に変化してゆきます。

首だけをアレコレいじるだけでは、首がいつまでたっても整いませんがね。

 

当院では、首に負担をかけている場所を探し出して整えることで、首を根本的に楽にします。

ぶり返しのない首の根本治療をご希望のあなたには、完全無痛整体お勧めです。

 

メニュー・料金

駅からの道のり

院長プロフィール

よくあるご質問

ご予約前に必ずお読み下さい:整体の前後のお願い

ご予約状況

ご予約お問合せ

完全無痛整体の部位別施術例

トップページ

関連記事