横浜市港北区菊名徒歩5分の完全無痛整体。あなたの肩こりや首こり、首が痛い・重苦しい痛み、腰痛等がまったく痛くない施術で根本的に楽になります。

駅からのアクセスお車でのアクセス

腰を整えると、首のこりや痛みが楽になる理由

腰(背骨下部)と首はつながっていて、同じようにゆがみます。だから、腰を整えると首が整うのです。

電話:080-5312-9332:毎日9時~21時受付│ご予約お問合せメールフォーム:PC携帯スマホ対応:24時間受付

 

つながっている腰と首は、どんな関係がある?

 

首のゆがみと腰のゆがみの関係を説明する前に、背骨上半分のゆがみから説明させてください。

 

いえいえ、出し惜しみするわけではありません。

背骨上半分のゆがみから説明した方が、首や腰のゆがみを説明するのにわかりやすいんです。

 

横浜市港北区整体首のこり痛み

首と背骨、腰はずっとつながっていますよね。

細かく説明すると、私たちの身体は上から首、背骨、腰、仙骨、尾骨の順に椎骨(ついこつ)がつながっています。

つながっているので、各々の場所が、つながっている他の場所に影響を与えるんです。

 

では、背骨上半分の説明に戻ります。

結論から言うと、ここにある背骨は(多くの場合)、右側に湾曲します。

(多くの場合)と書いたのは、もちろん例外があるからなんですが、一応教科書的には右側に湾曲するんです。

 

その理由は、背骨上半分は利き腕側に引っ張られるからです。

利き腕の方が力も強く、よく使うのでゆがみやすい。

 

背骨を引っ張る力も、強くなりやすい。

右利きの方が左利きより多いので、背骨は右側に引っ張られて湾曲するというわけ。

 

では、背骨上半分が右側に湾曲したとします。

すると、首はどんな影響を受けるでしょうか?

 

首は左側に湾曲します。

身体が背骨上半分と左右バランスを取ろうとするためですね。

 

では、背骨下半分はどんな影響を受けるでしょうか?

背骨下半分は左側に湾曲します。

その理由は、身体が背骨全体で左右バランスを取ろうとするからです。

 

ここまでくれば、賢明なあなたはおわかりでしょう。

首の湾曲と背骨下半分の湾曲は、同じ湾曲になるんです。

背骨下半分には腰が含まれるので、腰のゆがみと首のゆがみも関係が深いことになります。

 

関係の深いゆがみを整えれば、あなたの首はスーっと整う

 

身体の一部がゆがみ、ゆがみが回復されなければ、ゆがみはどんどん広がってゆきます。

あなたの自己治癒力が、あなたの身体の一部に生じたゆがみを、全体としてバランスを取るために、です。

 

このことを知ったのは、整体を学んでいた頃。

先生から上記の説明を聞いて、ふとこう思ったんです。

 

「腰と首のゆがみの関係が深いんだったら、腰を整えれば首も整うのでは?」と。

 

事実、身体を整えるのは基本的に下からです。

初めに頭のコリやゆがみを整えることもありますが、多くの場合下半身から調整を行うことが多い。

つまり、首と腰にゆがみがある人は(最近多いですが)、腰を整えることで首も楽になるわけ。

 

今回、この記事を書こうと思ったのは、腰を整えて首が楽になったお客様がいらっしゃったから。

施術後「そういえば以前先生がおっしゃっていたな」と、思い出したからです。

では、その施術についてご説明いたしますね。

 

首が勝手に動いて、自動修復された施術例

 

『腰痛と肩こりに長年苦しんでいます。最近は首のこりがひどいです』

 

整体申込みメールフォームに書かれていたメッセージです。

お名前は、仮にH様としておきます。

横浜市神奈川区在住で、40代女性です。

 

横浜市港北区整体首のこり痛み

H様は高校生の頃にぎっくり腰を起こしてから、年に数回ぎっくり腰を繰り返す様になったそうです。

『疲れが溜まってくると、ぎっくり腰になるような気がします。最近腰が重苦しくなって、またぎっくり腰になりそうな気がして予約しました』

 

腰の奥にいつも重苦しい感じがあって、生理前になると腰痛が出てくる、と。

肩こりも腰痛同様、学生の頃からあったそうです。

 

『肩こりも昔からあるんですが、最近は首のこりが気になって・・・。首を外せるなら外して楽になりたいです』

 

H様は首のつけ根を押さえながら、フ~っと大きなため息をつきました。

 

腰痛もあるし、長年の肩こりと首のこり、か・・・。

これはちょっと、なかなか、かも。

 

こじれたお身体は、こんがらがってもつれた毛糸に例えることができます。

一本の毛糸がもつれたわけですから、辛抱強くほどいていけば、いつかは1本の毛糸に戻るはずです。

 

最善最適な一手を探しつつ、根本原因を探っていけば・・・。

 

とにかく、いつも通りお身体を検査しましょう。

 

肩は両方こっていますが、右側のコリが強い。

右側は肩だけでなく肩甲骨もゆがんでいます。

首は、何か所かねじれていて、これがコリの原因でしょう。

 

さて、これらのコリやゆがみは、どこから負担をかけられた結果なのか?

肩や首だけがゆがんでいることは、思ったより少ないもの。

肩や首に負担をかけている場所を整えれば、肩こりや首のこりが根本的に整い、ぶり返さないようになるんです。

 

まず、右前腕のゆがみが目立ちます。

右ひじの両端が詰まっていて、鎖骨も右側のゆがみが大きい。

他には、右手の人差し指が硬くねじれています。

 

右腕にある複数のゆがみが、肩や首に負担をかけています。

最初にこれらを整えましょう。

 

調整は、原則的に先端から行います。

まず人差し指のねじれを戻し、ひじの詰まりを取ります。

人差し指とひじ、肩を対応させて肩を整え、鎖骨のゆがみを戻します。

 

次は下半身。

右ひざ裏がカチコチです・・・そして、すねが外側にねじれている。

ひざ裏をゆるめてすねのねじれを戻し、ひざ裏と腰を対応させて、腰を整えます。

 

ぎっくり腰は骨盤のゆがみですが・・・やはり骨盤ねじれていますね。

骨盤のねじれを戻し、中央にある仙骨のゆがみも元に戻しました。

腰の骨は仙骨の上に乗っているので、仙骨を整えれば腰も楽になるもの。

 

すると、H様が突然こうおっしゃいました。

 

『先生、あの・・・首が動いているような感じがするんですけど』

 

「え?そうですか。どれどれ」

 

首を検査すると、最初にあったねじれがほとんどなくなっています。

 

「うん、本当ですね。首のねじれがほとんどなくなっていますよ」

 

『最初より首が長くなった感じもしますけど、どうですか?』

 

「首の長さが変化したかどうかはわかりませんが・・・首のねじれが解消されて柔らかくなったんでしょう」

 

首に残ったねじれを微調整して、これでおしまいです。

 

「では、ゆっくり起き上がってください・・・腰はどんな感じですか?」

 

『軽いです。痛みはほとんどなくなりました』

 

「首はどうです?」

 

H様は顔を下に向けて『先生、大丈夫です。これでゆっくりシャンプーできます』

『上も向けます、痛くないです。ああよかった~、これで夜中目が覚めずない眠れると思います』

H様は首が楽になった感触を味わうように、ゆっくり首を何度も動かしておられました。

 

首と腰に限らず、身体の部分と部分は程度の差こそあれ、お互いに関係しあっています。

関係しあっているので、一部のゆがみがドミノ倒しのように全身に拡がり「こんがらがってもつれた毛糸」になる。

 

ただし。

関係しあっているからこそ、関係の深い部位を整えて、症状の出ている部位を整えることも、できるわけです。

 

症状が出ている場所だけを整えることは、根本治療の点から言って不十分であると、ご理解いただけたでしょうか?

しつこくぶり返す腰痛や首のこり痛みでお悩みのあなたに、何らかの参考になれば幸いです。

 

ご予約状況

ご予約お問合せ

 

メニュー・料金

駅からの道のり

院長プロフィール

よくあるご質問

ご予約前に必ずお読み下さい:整体の前後のお願い

完全無痛整体の部位別施術例

トップページ

関連記事