横浜市港北区菊名徒歩5分の完全無痛整体。あなたの肩こりや首こり、首が痛い・重苦しい痛み、腰痛等がまったく痛くない施術で根本的に楽になります。

駅からのアクセスお車でのアクセス

ろっ骨のゆがみは上半身を揺るがす

何度もぶり返す肩こりや腰痛は、ろっ骨のゆがみを整えることで根本的に整います。

電話:080-5312-9332:毎日9時~21時受付│ご予約お問合せメールフォーム:PC携帯スマホ対応:24時間受付

 

ろっ骨は、整体業界の中であまり重要視されていないようです。

 

整体院を訪れるお客様は、肩や腰、首の不調を訴える人が多いですからね。

整体院のホームページやブログでも肩や腰、首関係の内容が多いのは止むを得ません。

 

ところが、ろっ骨を整えることで、なかなか整わない・ぶり返す身体の不調が整うことがあります。

主には肩や腰の不具合が、ろっ骨を整えることで落ち着いてくるものです。

 

整えるろっ骨は大きく分けてわき腹と胸骨、背骨の3か所です。

え?「背骨?背骨はろっ骨じゃないよ」そんな声が聞こえそうです。

 

失礼しました。説明が不十分ですね。

ろっ骨は背中、後ろに回って背骨とくっつきます。

ろっ骨が背骨とくっつく、その部分が整える箇所です。

 

ろっ骨は、バスケットボールのゴールのような構造です。

 

ろっ骨は上から、頭上から見ると左右に広がる楕円形。

そして、ろっ骨は後ろにある背骨にくっつき、身体にくっついています。

 

また、胸骨(きょうこつ)は、ろっ骨を前面でまとめる形になっています。

胸骨はのどの下にあるくぼみの下から、みぞおちまで続く細長い骨です。

 

このように、ろっ骨は前面に胸骨、後ろ面に背骨を支えにくっつく構造になっています。

 

両手の親指と人差し指の先を、胸の前でくっつけて見ましょう。

親指同士がくっついている部分が背骨、人差し指同士がくっついている部分が胸骨。

ろっ骨は、上記の指同士がくっついている部分以外の、指の部分になります。

 

ろっ骨がどこから負担をかけられていて、どのようにゆがんでいるのか?

また、ゆがんだろっ骨が身体のどこに負担をかけているか?

いずれにせよ、身体の流れを呼んで流れに従うことでしか、根本的な身体調整は実現しないでしょう。

 

経験上、わき腹は肩や鎖骨の近くにあるので、肩や首に影響を与えやすいです。

何度もぶり返す肩こりや肩を回すとゴリゴリ音が鳴る(肩胛骨のコリ)を整えるには、わき腹を整えることは有効です。

 

場合によっては、特定のろっ骨を整える必要もあります。

ろっ骨の部分的なゆがみが全身へ波及していることは、多くはありませんが珍しくもありません。

 

H様は、30代半ばの女性。

肩こりを訴えられて予約を取られました。

 

『右肩の奥にいつも鈍い痛みを感じています。右肩が左肩に比べて少し下がっている事と関係あるのでしょうか?』

 

整体予約メールフォームに書かれていた文章です。

 

H様のご職業はピアノ教師。

指や腕を酷使する職業です。

場合によってはイスとピアノの高さが身体にあっていなくて、腰からも負担が行っているかも。

 

そんなことを考えつつ、予想したことは実際の整体ではいったん棚に上げます。

予想はあくまでも予想で、実際とは異なります。

目の前にいるお客様の、身体の流れに従うのみです。

 

身体の流れを読むと、やはり両手の指や前腕、ひじが硬い。

特にひじ周辺にできたコリは分厚く、そして大きい。

 

ていねいに指を調べ、コリと対応点を探し出します。

指と前腕を対応させてゆるめ、ひじのコリをほどいて腕を整えます。

 

再度腕の流れを読むと、わき腹と鎖骨周辺が硬い。

両ひじと中指は、肩に負担をかけ悪さをしていました。

 

中指やひじをわき腹、鎖骨と対応させます。

両肩にも対応させると、ようやく上半身が落ち着いてきました。

 

肩やデコルテ周辺がふっくらしてきて、肩が床に近づいてきました。

H様もかなりリラックスして、小さく寝息を立てているようです。

 

「Hさん、大丈夫ですか?ここまでで肩の調子はどうですか?」

 

『はい・・・スミマセン、ああ、ずいぶん軽くなりました』

 

「それはよかったですね」

 

『でも、右肩の奥の痛みはまだ残っています』

 

改めて、身体の流れを読み直します。

右肩にふれるかふれないかの程度で指先をごく軽くふれ、目を閉じて指先の感覚に集中する。

・・・斜め下から負担をかけられているような・・・斜め下は背骨になります。

 

「Hさん、背中を打ったことありますか?」

 

『子どもの頃はともかく、大人になってからはありませんけど』

 

「いや、子どもの頃でも関係あるんですよ。いつごろですか?」

 

H様は小学生1年生の頃、学校の校舎の階段から落ちて、背中を強く打ったそうです。

 

「では、右肩を上にして横向きに寝てください」

 

背骨の上に指先を軽く当てて、下から慎重に流れを読みとります。

やっぱり、背骨上部にある骨が少し詰まっている様子です。

 

背骨に指先を乗せ、反対側の胸骨にも指先を乗せる。

しばらくそのままで、指先の反応を感じています。

氷が日光を浴びて溶けるように、ジワーっと背骨の詰まりがほどけてゆきます。

 

途中で、右の鎖骨から流れが出てきました。

こちらも胸骨と対応させて整えます。

 

「さて、これでどうですか?」

 

『・・・はい、大丈夫みたいです』

 

ゆっくりと起き上がったH様は、改めて肩をゆっくり前後に回して確かめます。

 

『うん、大丈夫、痛みはなくなりました。良かった・・・』

 

やれ一安心です。

 

『先生、私の右肩まだ下がっていますか?』

 

私は黙って、玄関に置いている姿見を持ってきてH様の前に置きました。

 

『左右ほとんどそろっていますね、たった1度の整体でここまで・・・ウソみたいです』

 

ろっ骨自体は寡黙な骨格です。

内臓はもちろん、肩や腰を黙って支える縁の下の力持ち。

 

ですが、ろっ骨のゆがみはバカにはできませんよ。

特に肩こりや腰痛のあなたには・・・。

 

メニュー・料金

駅からの道のり

院長プロフィール

よくあるご質問

ご予約前に必ずお読み下さい:整体の前後のお願い

ご予約状況

ご予約お問合せ

完全無痛整体の部位別施術例

トップページ

関連記事