横浜市港北区菊名徒歩5分の完全無痛整体。あなたの肩こりや首こり、首が痛い・重苦しい痛み、腰痛等がまったく痛くない施術で根本的に楽になります。

駅からのアクセスお車でのアクセス

右ひじのジンジン痛みが、整体で右ひざを整えてなくなりました

ひざを整える処置とあわせてお読みください。

電話:080-5312-9332:毎日9時~21時受付│ご予約お問合せメールフォーム:PC携帯スマホ対応:24時間受付

 

ひじとひざ。

1文字違いですが、ひじとひざは関係が深いんです。

実は。

関係が深いので、片方を整えると、もう片方が整うことがあります。

今回は、ひざを整えてひじの痛みが楽になった例をご紹介します。

 

ひざを整えてひじが整う、本当の理由

 

ひざは、脚の一部です。

そして、脚は骨盤にくっついています。

つまり。

ひざがゆがむと、骨盤もゆがむわけです。

逆に行えば、ひざを整えると骨盤が整うとも言えます。

 

一方、骨盤は肩甲骨と関係が深いんです。

骨盤が整うと、肩甲骨が整います。

さらに。

肩甲骨は腕の付け根にあり、腕全体に影響を与えます。

ということは、肩甲骨が整うとひじが整うことがあるのです。

 

これまでの話をつなげると、こうなります。

ひざ→骨盤→肩甲骨→ひじ

このようにして、ひざを整えるとひじが整う。

ひじに触ることなく、ひじ痛が楽になることも可能です。

 


 

 

ホームページで何度もお伝えしていますが、痛みや違和感のある場所が「悪い」ことは結構少ないです。

痛みや違和感のある場所が、どこかから負担をかけられて症状が出ているにすぎない。

痛みや違和感のある部分に負担をかけている場所を見つけだして、整える。

これが、痛みや違和感を根本治療するための王道&近道です。

 

もちろん。

ガンコなひじ痛も、ひじに負担をかけている場所が必ずあります。

私は、お客様の身体を丹念に真摯に調べ、日々整体を行っています。

できる限り速やかに、あなたの身体が根本的に落ち着くように。

あなたの心身が落ち着き、あなたが本当にやりたいことに集中できるように。

 

ひざの完全無痛整体

 

それでは、ひざを整える施術を1つご紹介します。

ひざのねじれを解消させる方法です。

ひざに関係する筋肉や靱帯は、下半身全体につながっています。

ひざが整うと、下半身だけでなく上半身も整うことがあります。

 

まず検査方法。

お客様に、イスに座ってもらいます。

足が床に着くと検査に誤差が出やすいので、足先が着かない高さのイスをお勧めします。

私は、お客様に施術ベッドに腰掛けてもらいます。

 

次に、お客様に足を交互にバタバタ振ってもらいます

動きにくい方、痛みや違和感がある方を教えてもらいます。

 

たとえば『右ひざが動きにくい』と言われたとしましょう。

お客様はそのままの姿勢で、右ひざの近くに座ります。

ひざに手を当てて、残りの手で足首の上付近をごく軽くつかみます。

足首の上付近をごく軽くつかんだ手を、極々軽く内外にねじります。

0.5~1ミリ程度で十分です。

足首の上付近をごくごく軽く内外にねじり、ねじりやすい方向を決めます。

 

次に、ひざに手をあてながら、足首の上付近をねじりやすい方向へ極々軽くねじります。

ねじる程度は、上と同じ0.5~1ミリ程度。

質量では、2グラム程度で十分です。

1円玉1枚で1グラムなので、本当に極々軽く、です。

 

極々軽く足首の上をねじっていると、足首の上付近が手を押し返す感覚が生じます。

それは、足首の上付近を内にねじっている場合、足首の上付近が外にねじれるような感覚です。

その感覚をしばらく感じていると、押し返す感覚が落ち着きます。

再検査として、もう一度足首を極々軽く内外にねじります。

最初と異なり、内外にねじれる感覚が同じになればおしまいです。


 

 

ではここで、今回の施術のコツをお伝えします。

足首の上付近を軽くつかみ、内側か外側にねじっている時の心構えというか・・・。

極々軽くねじっている足首の上付近を、感じているだけにしてください。

足首の上付近を極々軽くねじることのみに、集中してください。

 

この施術は、身体に極々軽い刺激を加えることで、身体自身が自分を調整する力を活性化させます。

ですから、施術者は何かを「しよう」とすることを手放してください。

「ひざを良くしよう」という思いは、一時的に棚上げする。

ただ、反応を感じているだけ、です。

 

施術者は、施術の時に当然ですが何かを「しよう」とします。

「ひざよ、良くなれ」と、思ったりするのは普通です。

ところが。

この施術法の場合は、施術者が何かを「しよう」とすると、身体は調整力が十分発揮できなくなります。

場合によっては、この施術法は慣れが必要かもしれませんね。

 

ひざを整えてひじの痛みが楽になった施術例

 

今回ご紹介するお客様(仮にK様とします)は、常連のお客様です。

栗色の長い髪が素敵な40代女性。

ブライダル関係にお勤めでしたが、結婚後は友人が経営するカフェを手伝っておられるそうです。

数年前に腰痛でお見えになり、治療終了後は月1回のメンテナンスでお見えになります。

そんなK様ですが、先日お見えになった時『実は、最近左ひじがジンジン重苦しくて・・・』と浮かぬ表情でした。

お話を伺うと、2週間くらい前から左ひじが重苦しい。これまでも何度か左ひじが痛くなったことがある、と。

 

いつものように、身体を調べます。

骨盤や肩を整えると、左ひざから反応が出てきました。

反応を感じるので検査はいらないか、と思いましたが、念のため検査しましょう。

 

「Kさん、上半身を起こしてベッドに腰掛けてください」

K様はヨッコイショ、と声をあげ、ベッドの端に腰掛けました。

「ひざの検査をするので、足を交互にブラブラ振ってください・・・どちらが動きにくいですか?」

K様はしばらく足をブラブラ振って『左ひざですね』

 

私は、K様の左ひざのそばにヨッコイショと座り込み、左手を左ひざに当てました。

右手で左足首の上を軽くつかみ、極々小さく内側外側にねじります。

左ひざは、内側にねじりやすく感じました。

左足首をつかんだ手を、極々かすかに内側にねじります。

しばらくそのまま、左ひざに当てた手や、足首上をつかんだ手を感じていました。

 

すると、ひざに当てた手に、ひざの表面がかすかにゆるむ感覚が生じました。

足首をつかんだ手に、かすかな振動が伝わるのも感じました。

左足首が、ジワーッとずれるように外側にねじれる感覚を、静かに感じていました。

2分ほど経ったでしょうか、ひざと足首の感覚が落ち着いたので、手を離しました。

 

「Kさん、ゆっくり上半身を起こしてベッドに腰掛けて下さい」

『はい・・・ふ~、いつものように眠くなりました』

「両足をブラブラ振ってください・・・足の動きやすさはどうです?」

『左右ほとんど同じになったみたい』

「今、ひじの感じどうですか?」

K様は左ひじをいろいろ動かして『ひじの重苦しさはほとんどなくなりました。

へえ~ひじはほとんど触っていないのに、さすがですね』

最後にひじの微調整をして、おしまいにしました。

 

実は。

K様のひじはこの後1回、重苦しさがぶり返しました。

『もうすっかり良くなったと思って、次の日からカフェで頑張って働いたんです』と。

今はスッカリひじも落ち着いて、重苦しさもなくなりました。

 

先日、K様は定例の月1メンテナンスでお見えになりました。

『おかげさまで腰もひじも楽な感じが続いています。

カフェの仕事も元通りになって、気兼ねなく孫のおもちゃや洋服買ってます』

「え?Kさん、お孫さんがいるんですか?お若く見えますねえ」

『よろしくお願いしま~す』K様はニッコリ笑いながら、施術ベッドにあがるのでした。

 

ご予約状況

ご予約お問合せ

 

メニュー・料金

駅からの道のり

院長プロフィール

よくあるご質問

ご予約前に必ずお読み下さい:整体の前後のお願い

完全無痛整体の部位別施術例

トップページ

関連記事